このページの先頭です

134 熊谷市民体育館照明器具の老朽化について

更新日:2022年2月9日

メールの内容

市外の者ですが時々利用させて頂いています。熊谷市民体育館の照明器具は改修工事により設置されてから20年たつと思うのですが、老朽化による落下が心配されます。重量のある物なので落下した場合、もしも人にあたったら大変な事故になると思います。なので、脱落防止の点検または措置を希望したいと思います。もしくは新規にLED化の検討などがあればと思います。これからも安心して体育館を利用できるように検討をお願いいたします。

回答(令和4年1月31日)

 いただきました「市長へのメール」にお答えいたします。
 体育館利用者の安全は、施設の適切な管理により実現するものであり、市では、体育館の指定管理者である熊谷市スポーツ協会に対し、管理状況のモニタリングを毎月実施し、安全の確保を図っています。
 照明の安全対策ですが、体育館の天井照明117基のうち、中央部の16基は、令和2年度にLED照明に変更した際、天井に固定しました。他の照明は、それぞれが2本のワイヤーにより水銀灯をつり下げる昇降式の仕組みとなっています。
 現状では、定期的な点検は実施していませんが、水銀灯は、年に数回は、球切れ等が発生するため、玉の交換に併せ、その都度、ほこりの除去や目視による点検を行っています。
 ご指摘のように、照明器具は、重量もあり、落下した場合は、重大事故の可能性もあるため、利用者の皆様の安全安心につながる方策を検討してまいりますので、ご理解をいただきたいと存じます。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで
サブナビゲーションここから

令和3年4月から

このページを見ている人は
こんなページも見ています

サブナビゲーションここまで