このページの先頭です

78 帯状疱疹ワクチンの自治体補助について

更新日:2023年9月27日

メールの内容

帯状疱疹のワクチンについて、全国的に補助金の適用を行っている自治体が増えております。
例えば、隣の市である深谷市などでもそれなりの補助金制度がありますが、熊谷市では遅々として対応への動きが見られません。
帯状疱疹の発症数は年々増加しています。
帯状疱疹のワクチンはそれなりに高額であり、年金暮らしの年配の方などには個人で受けるには非常に大きな負担です。
ゆくゆくは、保険適用などを国レベルで対応を進めていただきたいところですが、現状の増加推移は愚鈍な国政の動きを悠長に待っていられるようなものではないと認識します。
社会保険の医療負担を考えても、3人に1人がかかると言われている罹患率を考えると、ワクチンを保険化した方が、財政負担が少ないのではないかと考えます。
ぜひ、早期の補助金制度導入をしていただきたい。
また、子育て支援などについても、熊谷市はお隣の深谷市と比べても薄っぺらく、基本『出さない』方向性が見られます。
現状、燃料や物価の高騰が、市民の生活を苦しめている中、特に生活がギリギリな世帯に対する助成は不可欠です。
よくよく議会でそのような視点に立って、物事を考えていただきたい。
従来からのお約束の公共事業をのうのうといつまでも続けていられる時代は終わりました。
現代は、以前にも増して様々な環境が変化しています。それも悪い方向に。
かねての情勢に見合った、むしろ先取りした市政を念頭に置いていただきたい。
以上。

回答(令和5年8月30日)

 いただきました「市長へのメール」にお答えいたします。

 
いただきました「市長へのメール」にお答えいたします。
熊谷市では、帯状疱疹の予防接種費用の一部助成を本年9月から開始いたします。
市内の実施医療機関で接種を受ける場合は、接種後、病院の窓口で接種費用から助成金額を差し引いた金額をお支払いいただく方法となります。
また、市外医療機関のほか、令和5年4月1日以降に接種をされた方も、申請いただければ、後日、口座に助成額をお振込みいたします。
詳細は、市報くまがや8月号10ページと熊谷市ホームページに掲載しております。
ぜひ本事業をご活用いただきますようお願いいたします。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで
サブナビゲーションここから

令和5年4月から

このページを見ている人は
こんなページも見ています

サブナビゲーションここまで