このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

23 新型コロナ対策について

更新日:2021年3月5日

メールの内容

 熊谷市の新型コロナ対策についてお伺い致します。現状市民にはコロナ対応を要請しておりますが、行政としてどの様な対応をしているのか、又、考えているのか、お伺い致します。埼玉県では入院できない患者が沢山いるという報道を見て驚いています。又入院先が確保できないという事でPCR検査を抑えているとの事。これでは感染者がどのくらいいるのか分からず心配です。熊谷市もここ2、3日で感染者が増大してきて、いよいよ当地でも広がってきたのかと危惧しております。そこで質問です。

  1. 行政によってPCR検査数に大幅な違いがあるようですが、熊谷市のPCR検査総数はどのくらいですか。
  2. 熊谷市の病院の感染者収容キャパはどうなっていますか。
  3. 無症状感染者や軽症者をホテルに隔離収容する考えがありますか。
  4. PCR検査体制としてドライブスルーも考えているのでしょうか。
  5. 上記のようなことは大勢の市民が関心を持っているのではないかと思います。

 このことに対して市長にはコメントを発してほしいと思いますが、いかがお考えでしょうか。以上お忙しいところ申し訳ありませんが宜しくご回答下さい。
 財政基盤の強化を図った市政運営に対し異を唱える人もいるようですが、私は大変評価しております。今回のコロナ対策で多少財政に異常を来しても、果敢に対応してほしいと思っています。本日メールでうちわ祭りの中止を知りました。私はうちわ祭りを中止し、浮いた金をコロナ対策に回した方が良いと思っていました。自治会によっては祭りに充てる自治会費が大幅に浮くでしょうから、それをコロナ対策費用の一部として、熊谷市に寄付するように要請したらどうでしょうか。応援しています。

回答(令和2年4月17日)

 頂きました「市長へのメール」に、お答えいたします。
 緊急事態宣言に伴う不要不急の外出自粛について、ご協力いただきありがとうございます。
 さて、ご質問のPCR検査については、県または保健所を設置している政令市、中核市が行うもので、一般の市単位では行っていませんので、市長としてコメントすることは難しい事項です。
 埼玉県を単位として把握できる数値についてお答えいたします。
 PCR検査総数は4月19日現在で県内4,732件、病床数は4月17日現在で超重症者分12、重症者分75、軽症者分213、軽症者や無症状者用のホテルの部屋数は111部屋で、既に受入れを開始しています。
 ドライブスルー方式の検体採取については、実施するとの情報はありません。
 以上、県からの情報ですが、本市としましては、市として可能な役割を果たしていきたいと考えますので、ご理解を頂きたいと存じます。

メールの内容

 ご回答ありがとうございました。
 市としての対応には限界があるようですが、他市の模範になるような先手先手の対応を取ってほしいと思ったので、質問兼要望のつもりでメールしたのですが、少々残念な回答内容でした。
 又、うちわ祭りの中止に伴う自治会の浮いた金をコロナ対策に寄付してもっらったらどうかという事に対し、回答がありません。当方の自治会では自治会費の大半がまつり費用に充てられております。

回答(令和2年4月23日)

 頂きました「市長へのメール」に、お答えいたします。
 ○○様の、市に対して応援したいというお気持ちは大変ありがたく思います。
 しかしながら、自治会の貴重な運営費を寄附として市から求めることはできませんので、まずは、地域の皆さんの大切な財産として有効にご活用いただき、寄附のお話があった場合には、個別に対応したいと思います。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

令和2年4月から

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る