このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

164 コロナ時短の給付金について

更新日:2021年7月15日

メールの内容

 小生は、県民でないので、場違いの意見とは承知しております。ただし大泉町なので、妻沼は群馬県(大泉町)みたいな気がしてますので同県民みたいな気持ちです。意見は下記です。
 今回埼玉県は、21日以降は「時短9時までで4万円/日)」となりますよね。4万円/日では足りないところが多々あると思いますが、逆にそれが幸いする所もあるのも事実と思います。お店を営業せずに、遊興費に利用している場合もあります。大泉町の場合もありました。町民として憤慨して、町長にメールしたこともありました。
 提案があります。
 多分考えてることと同じかと思いますが、「昨年の売り上げが半減以下」の場合とかではなくて、「昨年の納税額の半減になる場合」とかにすることができませんか?難しいことはわかっていますが、今までよりは多少税金支出軽減できませんか。長々と県民でない者が御託並べ申し分けありませんでした。
 政府、都に進言するのは、重々承知しております。ご一考していただけば幸いです。以上

回答(令和3年3月24日)

 頂きました「市長へのメール」にお答えいたします。
 1日当たり4万円の設定根拠について、協力金の支給元である埼玉県に確認をしたところ、国の基準に基づき、1都3県で足並みをそろえて決定したとのことでした。
 協力金の多寡について、様々な意見があることも承知しておりますが、感染拡大防止を最優先とした取組でありますので、ご理解を頂きたいと存じます。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

令和2年4月から

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る