このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

おたよりパレットNo,94「"食欲の秋"のおススメメニュー」

更新日:2014年9月1日

熊谷にまつわるテーマについて、市報くまがやの読者の皆さんからお寄せいただいたご意見を紹介するコーナー「おたよりパレット」。

今月のテーマは「”食欲の秋”のおススメメニュー」です。

栗に秋刀魚、きのこにさつま芋など、旬の食材を使ったおススメメニューをたくさん教えていただきました。読んでいるだけで、お腹が空いてきます。お気に入りのメニューを、ぜひ試してみてくださいね。

紅葉

●「栗ご飯」がおススメです!我が家では全員が栗が大好物なので、週に1度は食べます。(50代・女性)
●「秋刀魚の塩焼き」です。カツオやウナギがとれないこの時代、やっぱり秋刀魚です。しかも美味しい。(50代・男性)
●キノコたっぷりの「炊き込みご飯」がおススメです(*^_^*)(20代・女性)
●「サツマイモとレンコンの甘辛炒め」が、食欲の秋のおススメメニューです。(30代・女性)
●食欲の秋といえば、なんといっても熊谷地産の小麦粉で作る「煮込みうどん」です。我が家はうどんを少し太めに作ります。家でとれた色々な野菜をたっぷり入れて煮込んだうどんは最高に美味しいです。(70代・女性)
●秋はやっぱり「焼き芋!」(30代・女性)
●親が栗を作っているので、その栗を使った「栗ご飯」です。栗は収穫するのも皮をむくのもすごく大変だけれど、その分、家族の笑顔が見られてうれしいです。毎日献立に悩んでいるので、皆さんのコメントを楽しみにしています(^_^)(30代・女性)
●秋はなんといっても「秋刀魚」のシーズン。七輪で焼くのも良いけれど、新鮮な秋刀魚を砂糖・醤油・日本酒と生姜で煮るのも、臭みがなく食べやすいです。ご飯にもツマミにも、冷めてもいけます。(60代・男性)
●秋刀魚の塩焼きに茄子・大根・ジャガイモの入った味噌汁があれば、もうそれだけでご飯が進みます!(60代・男性)

栗

●「里芋のピリカラ味噌味」がおススメです。4人分の作り方を紹介します。まずは、里芋6〜7個を1センチの輪切りにして固めに茹でます。次に味付けの準備をします。味噌大さじ2杯にみりんと砂糖をそれぞれ大さじ1杯ずつ、塩少々、だし汁2分の1カップを混ぜておきます。茹でた里芋に小麦粉をまぶし、フライパンにサラダ油(大さじ2杯)を入れて里芋の両面を焼き、豆板醤(小さじ1杯)を入れ、味付け用に作ったソースを絡めて火を通し出来上がりです。(50代・女性)
●かわいい孫たちはお肉が大好きです。みんなが集合する時は、焼肉など「肉料理」をするととても喜ばれます。(60代・女性)
●おススメは、「熊谷うどんとフライ」です。私も妻も、うどんやフライが好物で、市内のお店に食べ歩きをしています。食欲の秋は地産地消を目指していきたいですね。(50代・男性)
●ありきたりですが、「栗ご飯・焼き秋刀魚・焼き茄子の定食」でしょうか。日本人で良かったと思う、至福の瞬間ですね。(30代・女性)
●本当は栗ご飯がいいですが、高かったり皮をむくのが面倒なのでちょっと大変。そんなときは、「さつまいもご飯」がいいですね。洗って乱切りして、炊飯器にそのままセットし、醤油で味付けし、炊くだけ。簡単で美味しいです。(50代・男性)

秋の縁側

●食欲の秋のメニューは「秋刀魚」です。新鮮な秋刀魚を焼いて、たっぷりの大根おろしに唐辛子を混ぜ、醤油をかけて内臓丸ごと頂きます。ときには3枚におろし、生姜醤油で刺身で食べたりします。今は運送技術が発達し、新鮮なものがいただけるので楽しいです。(60代・男性)
●「きのこうどん」や「舞茸のてんぷら」など、きのこづくしの料理が大好きです!(40代・男性)
●秋の食べ物で好きなものは、栗・ぶどう・秋刀魚等がありますが、「ぶどう」を使ったケーキ類はとても美味しいです。(20代・女性)
●秋といえば「秋刀魚の定食」が最高です。また、「秋刀魚と梅果肉のシソ巻き」も美味しいです。(50代・女性)
●昨年、「栗の渋皮煮」を初めて作りました。手間と時間がかかりましたが、とても美味しくできました。渋皮煮以外にも、栗を使ったお菓子は、秋を感じられる味覚としてもおススメだと思います。(30代・女性)
●「秋茄子とイカのマーボーナス」が好きです。秋茄子は家庭菜園で作ったものを使います。(50代・男性)
●我が家では、新米に栗を炊き込んだ「新米栗ご飯」や新小麦粉で作る手打ちうどんを、山菜キノコ等を油で炒めた汁で食べる「キノコ汁手打ちうどん」が定番になっています。(70代・男性)
●「お好み焼き」がおススメです。鉄板プレートで、家族それぞれが大小好きな具を入れて焼いて食べます。おいしいですよ!(60代・女性)
●「里芋の煮っころがし」です。畑で育てた里芋を、だし汁、醤油、みりん、砂糖で照りがでるように甘辛く煮込んで出来上がりです。(80代・女性)
●やっぱり野菜など具がたっぷりはいった、辛さもたっぷりなカレーでしょう!(60代・男性)

さつま芋

●「秋刀魚のピリ辛煮」がおススメです。秋刀魚の頭を落として4等分し、酒・醤油・みりん・山椒の実を入れて煮ます。タレをちょっと残して出来上がり。佃煮風にしてもおいしいです。(70代・女性)
●おススメメニューは「すいとん」です。自分のふるさと岩手水沢では「ひっつみ」と言っています。秋野菜のナス・キノコ・ネギなどをふんだんに入れて作ります。熊谷のようにスプーンで粉をとき入れるのではなく、粉をこねて耳たぶくらいのやわらかさにし、手でまさに引きちぎって入れる…これこそひっつみです。身体も温まり、家族もみんな大好きで、秋には欠かせないメニューのひとつです。(60代・女性)
●子どもの頃、父親に連れて行かれて食べた「松たけの土瓶蒸し」が忘れられず、秋になると、自宅で家族4人分の土瓶蒸しを作ります。鍋の中に松たけ、銀杏、みつばを入れ、だし、塩少々、醤油を入れるだけ。毎年秋になるとよく作る、我が家4人の秋のおススメメニューです。(50代・女性)
●秋は"収穫の秋"なので、とれた野菜を中心にした「カレー」「シチュー」がいいですね!(40代・男性)
●おススメは、「秋茄子の油いため」です。味は味噌味が美味しいです。(70代・男性)
●秋は、紅はるかという種類の「石焼芋」が最高です!(60代・女性)

秋刀魚

●食欲の秋といえば、一番に思い浮かべるのは「白いご飯と焼いた秋刀魚」です。夕食の準備をしているときに出る、秋刀魚を焼くにおいと煙は食欲をそそります。(70代・男性)
●なんとっても「ホルモン焼き」が秋のおススメです。(70代・男性)
●「キノコたっぷりの炊き込みご飯」がおススメ!おこげでますます食欲をそそります。(20代・女性)
●「厚揚げのピリ辛きのこあんかけ」がおすすめです。秋といえば、きのこ類!作り方はまず、厚揚げ、椎茸、えのきだけ、たまねぎ、茄子を切っておきます。生姜をフライパンで香をたて、切った野菜をて入れてしんなりしたら、中華スープとオイスターソースを入れて煮立て、最後に片栗粉でとろみをつけます。厚揚げは湯通しし、とろみをつけたあんを厚揚げの上にかけて出来上がりです。(30代・女性)
●椎茸・舞茸・しめじ等のキノコ類をアルミホイルでくるんで、とろけるチーズを適量入れてオーブンへ。チーズは大量に入れるのが好きです。簡単だしヘルシーで、子どもも喜びます!(20代・女性)
●食べ物がとても美味しく感じられる秋には、スパイスたっぷりの野菜カレーがおススメです。カレールーは控えめにし、季節の根菜類と新米でヘルシーにいただきます。スパイスが具と米のうまみを引き立て、いっぱい食べても胃がもたれずにスプーンが進んでしまう一品です。(30代・女性)

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

おたよりパレットNo51から100

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る