このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

おたよりパレットNo,81「夏の家族旅行の思い出」

更新日:2013年8月1日

熊谷にまつわるテーマについて、市報くまがやの読者の皆さんからお寄せいただいたご意見を紹介するコーナー「おたよりパレット」。

今月のテーマは「夏の家族旅行の思い出」です。

家族で過ごした楽しい思い出は、いつまでたっても心に残っていますね。今年の夏の計画は、立てられましたか。

車でお出かけしている家族のイラスト

● 長男をはじめて海に連れて行ったとき、広い海を見て、ぽかーんと口を開けて驚いていた顔を思い出します。(40代・男性)
● 子どもが小学生のとき、草津へ一泊旅行に行きました。湯もみをしたり、ホテルのお風呂が良く、4、5回入った記憶があります。(60代・女性)
● 子どもが小さい頃、よく新潟方面の海水浴場に行きました。最初は、波を恐がっていましたが、すぐに慣れ、水中メガネで海の底を探検したり、岩場でカニや貝、小魚を獲ったりと、あっという間に楽しいひと時が過ぎました。(60代・女性)
● 子どもが小さいときは海へ行き、ジャガイモをゆでたりカレーを作ったり、一日楽しく過ごしました。(60代・女性)
● 先日、二十数年ぶりに家族で鎌倉旅行に行ってきました。江ノ電や大仏など昔と変わらないものもたくさんあり、家族そろってまた来られたことに感謝です。(30代・女性)

ひまわりと男の子のイラスト

● 子どもが小さい頃に、よく海へ遊びに行ったことです。夏になると毎週のようにいろいろな海に行っていたことです。(60代・男性)
● 子どもが小学生だったある年の夏、梅雨が長引いていた雨の中で遊園地の乗り物に乗った光景が忘れられない。(70代・男性)
● 二人の娘がまだ小さい頃、家族で毎夏、新潟へ海水浴に出かけていました。最初は、波を恐がって海に入れないで、波打ち際で砂遊びでした。赤く日焼けして痛そうでかわいそうなくらいでした。夢中で遊んでいる姿が今でも目に浮かんできます。いい思い出です。(60代・男性)
● 子どもたちが夏休みの終わりごろ、赤城山の会社にある保養所に申込み、出かけました。その時、洋室しか空いていなく、二つのベッドに家族4人で泊まり、枕投げをして眠りました。翌日は散策と子どもは写生を行いました。その後、毎年グループ会社の保養所を予約し、夏休みに出かけるようになりました。(60代・男性)

家族でプールに入っているイラスト

● 「海なし県、埼玉」で生まれ育った私たち家族は、千葉県の海に行って「海水浴」を楽しむことが恒例となっていました。特に、思い出に残っているのは、お宿の「月の砂漠」のラクダの背中に乗って、童謡「月の砂漠」を家族全員で合唱したことです。(60代・男性)
● 昨年娘に江の島に連れていってもらい、楽しい一日を過ごさせてもらいました。(70代・男性)
● キャンプです。その土地の直売所で、材料を買っています。(40代・女性)
● 草津へ「あついぞ熊谷」のTシャツを着て兄弟達と行きました。帰りは軽井沢のアウトレットへ寄ったのですが、声をかけられました。(50代・女性)

旅行バッグのイラスト

● 小さい頃に、九州の宮崎県に旅行に行ったことです。はじめて飛行機に乗り、とてもいい思い出になりました。(20代・女性)
● 上高地にキャンプに行って、家族で食事を作り、周辺を探索したことです。(50代・女性)
● 夏といえば海!都会育ちの私が夫に連れられ、海へ行ったときに経験した磯遊び。小魚やカニを子どもに返ったようにはしゃいで獲ったときのことを思い出します。(40代・女性)
● 私が小さい頃には、毎年夏には泊まりがけで海に連れていってもらっていました。私も去年出産し、家族3人になったので、今年は自分の家族と海に行きたいと思っています。(20代・女性)

浜辺のイラスト

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

おたよりパレットNo51から100

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る