このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

おたよりパレットNo,90「こどもの日」

更新日:2014年5月2日

熊谷にまつわるテーマについて、市報くまがやの読者の皆さんからお寄せいただいたご意見を紹介するコーナー「おたよりパレット」。

今月のテーマは「こどもの日」です。

こいのぼりをあげたり兜を飾ったり、端午の節句を祝う家庭がたくさんありました。こどもの日は、今も昔も変わらず、特別な日ですね。

家族

● 今年のこどもの日は、初孫のお節句です。家族みんなでとても楽しみにしています。健やかな成長を楽しみに、見守りたいと思っています。(50代・女性)
● 子どもの頃、こいのぼりが大好きで、赤・青・黄のきれいなこいのぼりを眺めて、魚になりたいなぁと思いました。(60代・男性)
● こどもの日は、端午の節句といって、毎年母が菖蒲の束を風呂に浮かべた菖蒲湯にしてくれました。風呂から出た後には、縁起物だといって柏餅を食べさせてもらったことが懐かしいです。(70代・男性)
● 子どもの頃は、昔よく食事に連れていってもらい、洋服を買ってもらった覚えがあります。(30代・男性)
● こどもの日には柱にしるしをつけ、背比べをしました。毎年上にしるしがつくので、姉妹とも楽しい思い出です。(60代・女性)

男の子

●息子が小さかった頃は、家族で遊園地などによく行きました。今では、連休でも家でのんびりしています。(50代・女性)
●昨年の夏、熊谷に引っ越してきたので、今春初めて熊谷で過ごします。街のあらゆる場所や家々の庭などでこいのぼりが見れるのか、熊谷散策するのがとても楽しみです!(30代・女性)
●こどもの日と聞いて思い出されるのは、小学生の頃、父に連れられ、上野動物園にパンダを見に行ったこと。パンダはもとより、東京という大都会と人混みに圧倒されたことを覚えています。大人になった今でも人混みはやっぱり苦手で、自然豊かな熊谷から2時間かけて都内に通勤している私です(笑)。(30代・女性)
●娘が通う幼稚園では、広い園庭を横断するようにこいのぼりが飾られます。今は家の敷地にこいのぼりを飾るお家はあまり見かけませんし、我が家は縁のないこいのぼり。こいのぼりが気持ちよく風を仰ぐ景色は思い出深いものですので、市のイベント(体育館や図書館など)でもやってほしいなと思いました。(40代・女性)
●こどもの日に食べる柏餅が待ち遠しいです。熊谷市内にたくさん美味しい和菓子屋さんがあるので、食べ比べてみたいです。子どもより楽しんでしまいそうです。(20代・女性)

お花見をする家族のイメージ

●こどもの日には、大きなこいのぼりを庭先に高くなびかせていた思い出があります。
当時は、どこの家も競って「こいのぼり」を揚げたものですが、最近はこのような風景は全くなってしまい、とても寂しく時代の変化を感じています。(70代・男性)
● 学生時代、子どもの日は、森林公園の自転車のレンタサイクルでアルバイトをしてました。忙しかったし、重労働でした。今はもうできません!(40代・男性)
● 長男が産まれてからこどもの日には、毎年兜を飾り、成長をお祝いしています。小食でなかなか体重が増えず心配していた長男も今年で6歳。今ではたくさん食べられるようになりました。今年も兜を飾り、ご馳走を作って、家族でお祝いしたいと考えています。(40代・女性)
● 毎年こどもの日には、息子のこいのぼりを庭先にあげます。7歳と9歳の孫が、「パパのこいのぼり!」と喜びます。家族みんなで幸福を感じ、楽しい一日です。(60代・女性)
● まだ小さい頃は外食は特別なことで、こどもの日は、その特別な外食に連れていってもらったことが思い出です。「何でも好きなものを食べていいよ。」と言ってもらい、大好物だったコーンスープ(大)を食べられて満足したことを覚えています。(30代・女性)

走る男の子

●地域の家のこいのぼりを散歩がてら見に行って写真に撮り、大切にしています。貴重だなと思い出します。(20代・女性)
● 私の生まれた家は農業で生計を立てていました。イチゴと米を作っていましたので、ゴールデンウィーク中はイチゴの出荷、田植えの準備で一年で一番忙しい頃でした。よって、こどもの日の思い出は家族総出の手伝いの思い出しかありません。会社員の家がうらやましく思える時期でした。今となっては、家族一緒に仕事をした良い思い出です。(50代・男性)
● こどもの日は男の子というイメージが強く、姉妹だった私はあまりわくわくしませんでした。私の子どもも娘で、やっぱりどちらかというとこどもの日よりひな祭りのほうが大事。でも私の両親は毎年こどもの日に江ノ島・鎌倉に連れていってくれました。私も娘が大きくなったら連れて行ってあげたいです。(20代・女性)
● 幼稚園のころ、こどもの日には、よく折り紙で兜を折った気がします。また、頭にかぶる兜も作って遊んでいました。(40代・男性)
● こいのぼりが風に泳いでいるのを見ると、息子が小さかった頃を思い出します。本当にこいのぼりをあげるのが好きでした。(40代・女性)

パパと男の子

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

おたよりパレットNo51から100

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る