このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

熊谷市文化財の新指定について―「長慶寺本堂・薬師堂」及び「長慶寺薬師堂厨子」―

更新日:2020年9月17日

長慶寺本堂・薬師堂」及び「長慶寺薬師堂厨子」が熊谷市の有形文化財に指定されました。

令和2年8月5日開催の令和2年度第2回熊谷市文化財保護審議会において審議した結果、「長慶寺本堂・薬師堂」及び「長慶寺薬師堂厨子」の文化財指定について適当とされたことから、令和2年度9月定例教育委員会(8月28日開催)の議案として提出し、承認されました。つきましては、次の内容が8月28日付で熊谷市の文化財に新たに指定されたことを報告します。

文化財の指定について(概要)

1 長慶寺本堂・薬師堂

(1)種別・種類

有形文化財(建造物)

(2) 数量

1基

(3)所在地

熊谷市西城93−1

(4) 所有者

宗教法人長慶寺

(5)概要

 長慶寺本堂は、熊谷地域をはじめ北関東で広く活躍した、上州花輪村の彫刻師の祖である石原吟八郎と弟子たち、そして国宝「歓喜院聖天堂」の棟梁の林兵庫正清を中心とした建築大工集団の協働関係が、薬師堂及び厨子の設計と建立において凝縮して表現された歴史を再認識することができる。
 長慶寺薬師堂は、聖天堂建立以前の時期の棟札等も発見されていることからも、薬師堂の建立が聖天堂の技術的基礎を試行する実例としての価値を見出すことができる。また、薬師堂の各所に配された意匠とともに、内部の中央に施工された厨子の構造の双方に含まれる技術は、他の類例と比較しても高いことが分かる。
 調査によって、妻沼聖天山の歓喜院聖天堂の建立期の棟梁及び彫物師集団の存在を示す知見を得ることができ、これらの点を複層的に判断すると、「薬師堂」及び「本堂」は有形文化財建造物としての価値を有していると考えられる。

長慶寺本堂1
長慶寺本堂

長慶寺薬師堂1
長慶寺薬師堂

2 長慶寺薬師堂厨子

(1)種別・種類

有形文化財(歴史資料)

(2) 数量

1基

(3)所在地

熊谷市西城93−1

(4) 所有者

宗教法人長慶寺

(5)概要

 長慶寺薬師堂厨子は、江戸時代中期以降における改修の歴史に関する情報が、部材の変遷等からも明らかになっており、建造物の保存が維持された上で、地域の信仰の拠点として現在に引き継がれてきた文化性は意義深いものであると評価できる。
 よって本資料は、熊谷地域の寺社建造物の派生と彫刻師の系譜を示す実例として、有形文化財の歴史資料としての価値を有していると考えられる。

長慶寺薬師堂厨子1
長慶寺薬師堂厨子

調査報告について

熊谷デジタルミュージアム内に「長慶寺本堂・薬師堂」及び「長慶寺薬師堂厨子」に関する調査研究報告を掲載しています。ご参照ください。

調査研究報告(熊谷市指定有形文化財調査報告)

「長慶寺本堂・薬師堂」「長慶寺薬師堂厨子」の建築彫刻から見る歴史的意義
― 長慶寺建造物群及び資料群に関する石原系彫刻師と林家の存在をめぐって―

調査担当者

熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹
次のURLをご参照ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://www.kumagaya-bunkazai.jp/kounanmatinoiseki/kbk_tyoukeiji_20200901.pdf(外部サイト)

担当

江南文化財センター 山下祐樹 山川愛希子
電話:048-536-5062

このページについてのお問合せは

江南文化財センター
電話:048-536-5062(直通) ファクス:048-536-4575

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る