このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

「幡羅官衙遺跡群(幡羅官衙遺跡・西別府祭祀遺跡)」の国指定について

更新日:2017年11月18日

幡羅官衙遺跡群はらかんがいせきぐん幡羅官衙遺跡はらかんがいせき西別府祭祀遺跡にしべっぷさいしいせき)」が国の史跡に指定されます。

国の文化審議会(会長:馬淵明子)は、平成29 年11 月17 日(金曜日)に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、深谷市・熊谷市に所在する「幡羅官衙遺跡群」を国指定史跡に指定するよう文部科学大臣に答申しました。この結果、同遺跡群は官報告示の後に、国指定史跡に指定される予定です。これにより、国指定史跡の総数は1,805 件となります。また、埼玉県における国指定史跡は、20 件になり、熊谷市では国指定史跡「宮塚古墳」に続き2件目となります。

1 幡羅官衙遺跡群について
(1)構成 深谷市:幡羅官衙遺跡・熊谷市:西別府祭祀遺跡
(2)所在の場所 深谷市東方字森吉他・熊谷市西別府字西方他
(3)指定面積 102,110.98 平方メートル (深谷市幡羅官衙遺跡94,949.60 平方メートル)(熊谷市西別府祭祀遺跡7,161.38 平方メートル)

2 幡羅官衙遺跡群の特徴
(1)幡羅官衙遺跡の概要
古代幡羅郡家及び祭祀場等からなる官衙遺跡群です。正倉をはじめとする多数の建物群や区画施設、鍛冶工房、祭祀場などの郡家を構成する諸施設が検出され、郡家の全体像が把握できるとともに、7世紀後半の成立から11世紀前半の廃絶までの300年以上の過程が確認できる稀有な遺跡であり、地方官衙の構成や立地を知る上でも大変重要です。

詳しくは熊谷デジタルミュージアムの特設サイト「西別府官衙遺跡群」をご参照ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://www.kumagaya-bunkazai.jp/museum/jousetu/nishibeppu/index.htm(外部サイト)

このページについてのお問合せは

江南文化財センター
電話:048-536-5062(直通) ファクス:048-536-4575

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る