このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

63 多胎家庭の支援について

更新日:2019年12月16日

メールの内容

 現在2ヶ月の双子を育児中です。
 上に2歳の子供もいるので育児が初めてではないのですが、双子だと1人の子育てとは比べ物にならないほど大変である事を日々実感してます。
 熊谷市は多胎支援などはないのでしょうか?他の市ではヘルパーさんを派遣してくれるという事を耳にしました。もしあれば教えていただきたいです。
 また保育園に子供を入所させたいと思っているのですが、多胎児だとポイントがプラスになる事は熊谷市では今後もないですか?
 ご回答よろしくお願いします。

回答(令和元年11月14日)

 頂きました「市長へのメール」に、お答えいたします。

 まず、多胎児に対する育児支援ヘルパーの派遣について、熊谷市の事業ではございませんが、埼玉県では3人目以降の子どもが生まれた世帯を対象に3年間で50,000円分のチケットを支給する「3キュー子育てチケット」の制度がございます。この制度では、ベビーシッターや家事ヘルパーなどの子育てサービスを利用することができます。
 また、母子健康センターにおきましては、多胎児の健康や発育発達に関する保健相談や栄養相談を行っておりますので、ご利用ください。
 保育所(園)の入所(園)審査におきましては、ご家庭ごとの保育を必要とする状況を点数化する「入所審査基準表」を設けておりますが、その中で本市におきましては上のお子様と下のお子様の同時申請(双子のお子様の申請も同様となります。)に対する加点は行っておりません。(ただし、点数が同点であり、ご家庭の状況において優先入所とすべき差異がほかに見られない場合は、「双子」であることや「きょうだい同時申請」であることを優先する場合があります。)
 この点につきましては、他の自治体におきまして「きょうだい同時申請」や「多胎児」に対する加点を行っている自治体もあることから、今後の状況を踏まえ、検討してまいります。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成31年4月〜

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る