このページの先頭です
このページの本文へ移動
本文ここから

坂手淳史主将(パナソニック ワイルドナイツ)

更新日:2020年9月25日

熊谷らぐびと No.1パナソニック ワイルドナイツ 坂手淳史さかてあつし主将

ワイルドナイツに決めた理由

大学3年生の時に誘っていただいて、4年生で最終的に決めたのですが、色んなことに挑戦できる・チャレンジできるという魅力をワイルドナイツに感じ、決めました。
ワイルドナイツは当時からスーパーラグビーにチャレンジしている選手がいたり、色んなラグビーにチャレンジしているチームでした。僕自身、ラグビーワールドカップ2019日本大会(以下ワールドカップ)を見据えて、国内リーグはもちろん、世界にも挑戦したかったんです。大きくチャレンジがしたかった。結果として、サンウルブズに加入して世界レベルの経験を積むことができました。
ワイルドナイツのいろんな角度でチャレンジできるところが魅力でしたね。

どうやって主将に任命されたのか、その時の気持ち

ワールドカップが終わって1週間後くらいですかね、最初にクラブハウスに行ったとき、ロビーさん(ロビー・ディーンズ監督)と相馬さん(相馬朋和そうまともかずスクラムコーチ兼チームコーディネーター)に呼ばれて主将就任の打診を受けました。
断る選択肢はなかったのですが、ワイルドナイツをどういうふうに強くしたいかを1週間しっかり考えて、“やります”と伝えました。

主将として大事にしていること

昨年はシーズンに入るまでに時間がなかったので、みんなを同じベクトルに向けることに意識しました。しかしワイルドナイツには色々な経験をしている選手がたくさんそろっているので、そこはあまり心配しなくてよかったですね。
今シーズンはプレシーズンが長いので、いい落とし込みができるようにしています。また、これから色々な選手が合流してくるので、いい形でコミュニケーションを取れればと考えています。

ワイルドナイツの魅力

ラグビー的なところでいうと、伝統としてディフェンスがいいチームなので、ディフェンスがすごい魅力的です。
ディフェンスで相手のボールを奪って一気に攻めるところがワイルドナイツの強みであり伝統です。今シーズンも継承しながらできればと思います。

坂手選手のこんなプレーに注目

やっぱりディフェンスのタックルの部分も見てほしいですし、ワイルドナイツはアタックも多彩なので、いろんなところに顔を出そうと頑張っているので、そこを見てほしいです。

ラグビーを始めてから今までで1番思い出深い試合(理由)

ラグビーワールドカップ2019 スコットランド戦
ワールドカップではチームの目標があって、それに向かって、今思い出しても本当に嫌になるくらいしんどくきつい練習をやってきました。その目標を見据えてみんなでがんばってきて、それを達成した瞬間がスコットランド戦です。
勝たなきゃいけない試合、勝てばプールA1位でベスト8進出という試合だったので、本当に懸けていた試合でああいう結果になって、嬉しかったし鳥肌が立ちました。あのグラウンドに立てたのはとてもいい経験になりました。
〈試合後のロッカールームの雰囲気は?〉やっぱりみんなテンションが高かったです。やったったぞ!今までやってきたことが間違いじゃなかったんだ、と再認識できました。次(の試合)ができたので、その準備に向けての意識もみんな高かったですね。

生まれ変わるならどのポジションか(理由)

BK(バックス)の10番(スタンドオフ)
うまくFW(フォワード)を使ってゲームをリードしてみたい。ワイルドナイツでも力也(松田力也まつだりきや選手)、山沢(山沢拓也やまさわたくや選手)、バンジー(2018年までワイルドナイツに所属していたベリック・バーンズ)、10番はとてつもなくセンスがいい、ラグビーセンスが高いポジションをやってみたいです。

もしラグビーに出会っていなかったら、今何をしていたか

ずっとラグビーをやってきたので、正直想像できないんです。
でも、良い先生に巡り合え、そういう人たちの背中を見て、指導者(教師)にあこがれたことはありました。

ラグビー以外に得意なこと、好きなこと

コロナ禍で料理を少しするようになりました。
チャーハン・野菜炒めは食べるのが好きだからよく作っていました。今までほとんど料理をしなかったから、伸びしろしかなかったですね(笑)

ベンチプレスの最高記録

160キログラム(帝京大学時代)

手の大きさ(手首1番上のシワから中指の先まで)

19センチメートル
めちゃめちゃ小さいので恥ずかしいです(笑)
手の小さい母親に似ました。

チームの中で敵にしたら1番怖い選手

ラグビーだったら確実に堅樹(福岡堅樹ふくおかけんき選手)。
トイメンだったら嫌です(笑)ただ、この前の練習ではしっかり止めることができましたけどね(笑)

メンバーに言ってない秘密

無いです!思いつかない、ほんまに言えないことくらいかな。

チーム1番のイケメン(顔、体、心)

顔:ディラン(ディラン・ライリー選手)
体:ハセ、あれは別格(長谷川崚太はせがわりょうた選手)
心:心はみんなキレイです(笑)

ファンからなんと呼ばれたいか

好きに呼んでください!いろんな呼ばれ方をされています。

好きな女性のタイプ

笑顔が素敵な人

何フェチ?

髪を耳にかき上げるしぐさですかね。
ショートかロングだったらロングが好きです。

犬派か猫派か

犬です。今飼っています。

馬につけたい名前

“ナイツ〇〇”だったり“〇〇ナイツ”だったり、“ナイツ”をつけたいです。

熊谷の出没スポット(お気に入りの飲食店など)

まだあまり行けてないので、これから見つけていきたいです。みなさんのオススメのお店、コメント待ってます!

熊谷移転に向けての意気込み

太田のかたも熊谷のかたも、ワイルドナイツのファンのかたは日本中にいてくださるので、良い試合、強いワイルドナイツを見せたいし、楽しみたいです。それは太田でも熊谷でも変わらないですね。みんなで一つになってやりたいです。

熊谷とどう連携していきたいか

ワイルドナイツを熊谷のみんなに知ってもらいたいです。知ってもらえるような、地域に密着できるような活動を一緒に作っていきたいですね。そしてワイルドナイツを応援してもらいたいです。
そのために僕たちも全力で動いていきたいと思います。

ファンのみなさんへ一言

生活に制限がある中でしんどい時期が続いていますが、これを乗り越えてみんなでグラウンドで会えることを楽しみにしていますし、そこで僕たちのパワー・パフォーマンスを見せられるようにこれからも努力していきますので応援よろしくお願いします!


このページについてのお問合せは

ラグビータウン推進課
電話:048-524-1111(代表)内線345 ファクス:048-525-9335

この担当課にメールを送る