このページの先頭です
このページの本文へ移動
本文ここから

桑井亜乃選手(ARUKAS QUEEN KUMAGAYA)

更新日:2021年6月4日

熊谷らぐびと No.19 ARUKAS QUEEN KUMAGAYA 桑井亜乃選手

ラグビーを始めたきっかけ

中京大学2年生の時に授業でラグビーをやって、そこで魅力に気付きました。ラグビー部の監督にラグビーをやってみればと勧められていたんですけど、陸上で大学に行ったので卒業してからラグビーを始めました。当時は女子ラグビーがリオオリンピックの正式種目に決まったということで、これから強化が始まっていくという段階でした。
大学まで色々な競技をやってきて、ラグビーに活かされたことはいっぱいあります。投てきのおかげで筋力と体幹の強さは身につきましたし、コンタクトスポーツのアイスホッケーのおかげで恐怖心を抱かずにラグビーに挑戦できました。物心つく前からやっていた日本舞踊は、母曰く舞台度胸がついたみたいです(笑)

アルカスの魅力

アルカスは学生と社会人が半々くらいになっていて、学生から学ぶことは多いですし、学生も私たち社会人のことをリスペクトしてくれていると思います。相乗効果で切磋琢磨しながら、チームが一つになって、勝ちも負けもみんなで共有できるチームになってきていると感じています。試合ごとに大会ごとに精神的にも強くなっています。セブンズは「ファミリー」と言われるんですけど、それくらい仲間への思いやりを一人一人が大切にしながらやれています。
年齢が離れている子も多いので、最近の流行りを聞いたり、小さなコミュニケーションをとるよう心がけていますね。私みたいな年上がいると縮こまっちゃったり、萎縮しちゃったりすると思うんです。練習中は細かいことを言うんですけど、試合中は何も言わずに思い切ってプレーをやってほしいと伝えています。

桑井選手の強み・注目プレー

アタックでは今まではFWの外側でボールを貰ってゲインすることが多かったんです。今はFWの内側にいるので、縦に入っていくプレーであったり、ディフェンスでもタックル回数が増え、前と違うところがどんどん強みになっています。
スクラムやラインアウトのセットプレーに関しては昔から強みに思っています。桑井がいたら安心すると思ってもらいたいです。

ラグビー以外に好きなこと・得意なこと

1人旅が好きです!1人でヨーロッパ4か国回ったり、アメリカにも行きました。実家に帰ったら母とカレイを釣りに行きます。ゴルフの打ちっぱなしもリフレッシュするのにいいですね!

熊谷の出没スポット(おすすめのお店など)

すみれ食堂、獅子神、はなぶさ、花扇、他にもいっぱいあります!

ワイルドナイツが熊谷へ移転してくるが、どう感じているか

アルカスもワイルドナイツのような強いチーム、勝つチームであり続けたいです。熊谷と言えばラグビー、男女とも!と言われるように頑張らなきゃいけないなと思っています。

ワイルドナイツで関わりのある選手

結構前に、ワイルドナイツの練習見学に行った時に、堀江さん(堀江翔太ほりえしょうた選手)がすごく優しくしてくださったんです。人の好さがすごく出てる方ですよね。試合でも、堀江さんが入ると流れが変わるのを感じられて、私もアルカスでは最年長なので、堀江さんの姿を見て、頑張らなきゃ、私もこういう風になりたいなと思える人です。
平野翔平ひらのしょうへい選手とはご飯に行くくらい仲がいいです。ワイルドナイツとアルカスの懸け橋になりたいと思います!

チームで1番〇〇な人

チームで1番よく食べる人は中澤佑衣なかざわゆい選手です!
全然よく食べるような見た目じゃないんですけど、本当にすごい食べるんです!

私はこんな人です!

ラグビーのイメージが強いと思うんですけど、普段は八木橋百貨店で勤務しています!年末年始とかは福袋とか売ったりしているので、ぜひ会いに来てください!
アルカスでは大御所って言われてます(笑)

犬派か猫派か

この質問今までで1番難しい質問です!選べません!(笑)
犬も猫も好きで、どっちも飼いたいです。
今の家では動物を飼えないので、コーチの家で飼っているボーダーコリーと、ラグビー場周辺を散歩したりします!

ファンからなんて呼ばれたいか

亜乃って呼ばれたいです!そもそも小さい頃からあだ名が付きづらかったんですよね。
三姉妹で、しの・その・あのです!

手の大きさ

19cm

敵にしたくないチームメイト

みんなですね。アルカスって、個性が強くて一人一人強みが全く違うのでみんな敵にしたくないです(笑)

太陽生命ウィメンズセブンズラグビー大会に向けての意気込み

1戦目(東京大会)は若手とベテランが噛み合っていて、本当にいい形で入れました。毎試合、チームが勝ち切る強さを身につけていきましたね。2戦目(静岡エコパ大会)は逆に勝ちきれなかったです。けど、それが今の私たちの立ち位置、妥当な順位だと思っていて、また成長できる機会を頂けたと思って3戦目の熊谷大会に挑みたいです。初めての地元開催で、みんなも緊張すると思うんですけど、身近で応援してもらえることに感謝して皆さんに何か感じてもらえるようなラグビーをしたいです。

ファンのみなさんへ一言

熊谷の皆さんには本当にお世話になっていて、いつも「アルカス頑張ってね」と声をかけてくれたり、応援してもらっているのが身近に感じられます。本当にいつも応援ありがとうございます!これからアルカスの若手もどんどん強くなっていくと思うので、今後とも応援よろしくお願いします!

 

このページについてのお問合せは

ラグビータウン推進課
電話:048-524-1111(代表)内線345 ファクス:048-525-9335

この担当課にメールを送る