このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

熊谷市史刊行物のご案内

更新日:2019年8月8日

市史編さん室では、新熊谷市史の編さんに伴い、下記の刊行物を販売しています。
新熊谷市史の本のほかにも、旧熊谷市・旧大里町・旧妻沼町・旧江南町で刊行した歴史の本も購入することができます。

新熊谷市史の刊行計画

 熊谷市史編さん室では、本編・別編・通史編・各種調査報告書・市史研究などを刊行していきます。
 
新熊谷市史の構成はこちら

新熊谷市史

平成25年から、新たな熊谷市史の刊行が始まりました。
本編、別編、資料編などを刊行していきます。

  書名 内容 価格 大きさ
発刊年
1 資料編1
考古
熊谷市内に残る古墳や遺跡を集成し、原始古代の祖先の生活史を具体的に掲載。 3,000円 B5判
平成27年
2 資料編2
古代・中世
古代の木簡や熊谷直実や斎藤実盛等の熊谷武士など、古代〜中世の史料を網羅的に収録。 3,000円 B5判
平成25年
3 資料編8 近世・近代3
妻沼地域編
妻沼地域の明治時代〜平成時代にかけての資料を掲載。 3,000円 B5判
平成31年
4 別編1
民俗
うちわ祭りなどの祭りや行事、昔の人々の生活や信仰などを多くの写真を掲載して解説。 2,500円 A4判
平成26年
5 別編2
妻沼聖天山の建築
国宝歓喜院聖天堂や重要文化財貴惣門など、妻沼聖天山の建造物について、歴史と建築の分野から考察。 2,500円 A4判
平成28年
6 通史編 上巻
原始・古代・中世
熊谷の原始から戦国時代までをオールカラー、500点以上の図版を使って叙述形式で解説。 3,000円 B5判
平成30年

販売場所

熊谷市役所6階 社会教育課、江南文化財センター、市立熊谷図書館、市史編さん室(妻沼展示館内)
須原屋熊谷店(八木橋百貨店8階)、戸田書店熊谷店(肥塚四丁目)

そのほかの熊谷市史編さん刊行物

熊谷市史研究

  書名 内容 価格 大きさ
発刊年
1 熊谷市史研究創刊号 飯塚好「文書に見る民俗」、黒須茂「中条堤の機能について」ほか 売り切れ B5判
平成21年
2 熊谷市史研究第2号 細野健太郎「一九世紀の醸造家経営と地域市場」、栗原健一「天保期「囲籾」御用と関東在々買上籾世話人」ほか 売り切れ B5判
平成22年
3 熊谷市史研究
第3号
座談会「荒川の流路と遺跡」、鎌倉佐保「一ニ世紀における熊谷市周辺の武士の所領形成」、諸岡勝「鎌倉時代末期の板碑の一事例」ほか 売り切れ B5判
平成23年
4 熊谷市史研究第4号 村田安穗「熊谷地方における神仏分離の様相」、石山秀和「戦後建立の筆子塚にみる「江戸」の「教育社会」、齋藤慎一「伝承の中の平安時代末期」ほか 700円 B5判
平成24年
5 熊谷市史研究第5号 柿沼幹夫「三友國五郎」、浅野晴樹「考古学からみた中条氏関連遺跡について」、吉田稔「熊谷市飯塚南遺跡で検出された土坑の性格について」ほか 700円 B5判
平成25年
6 熊谷市史研究第6号 飯塚好「熊谷市の獅子舞」、重田正夫「明治初期における武蔵の「好古家」根岸友山と武香(上)」、坂東隆秀「鋳物師・諸八兵衛尉正綱と律師」、加島勝「妻沼聖天山所蔵金工品調査」、池上悟「熊谷集福所在の吉田家墓所」ほか 700円 B5判
平成26年
7 熊谷市史研究第7号 重田正夫「明治初期における武蔵の「好古家」根岸友山と武香(下)」、新井端「旧軍戦闘機の部品を巡って」、栗原健一「文書引継目録にみる区有文書の形成過程」、柴崎啓太「史料紹介天正一三年北条家掟書について」ほか 700円 B5判
平成27年
8 熊谷市史研究第8号 細野健太郎「北武蔵における聖天信仰と妻沼聖天山」、池上悟「熊谷市能護寺の住持墓」、野口達郎「熊谷地方の専修念仏信仰覚書」、内海勝裕「熊谷の俳諧」、新井端「村岡高雲寺の古墳時代遺物について」 700円 B5判
平成28年
9 熊谷市史研究第9号 重田正夫「根岸武香の『新編武蔵風土記稿』刊行とその購入者、遠藤英子「土器圧痕から見た熊谷市周辺の弥生農耕(上)」、新井端「楊井・目白坂瓦窯跡と出土瓦について」、栗原健一「幕末期における造酒の物流と地域社会」 700円 B5判
平成29年
10 熊谷市史研究第10号 磯野治司「熊谷市における板碑の型式と流通」、遠藤英子、「土器圧痕から見た熊谷市周辺の弥生農耕(下)」、新井端「『朝日之舎日記』に見る山田衛居と根岸武香との交友」、栗原健一「武州四方寺村蓮華院一件」 700円 B5判
平成30年
11 熊谷市史研究第11号 林宏一・原口雅樹・西口由子「快慶様の鎌倉仏 東善寺木造阿弥陀如来立像について」、亀谷弘明「熊谷市内出土の墨書土器について(上)」、新井端「好古家根岸武香の文化活動とその交友」、栗原健一「近世初期幕領における武州妻沼陣屋と大河内久綱」 700円 B5判
平成31年

 市史の調査研究から得られた成果や史・資料の紹介、編集委員の論考などを掲載しました。
 熊谷市史研究は、毎年1冊ずつ刊行する予定です。

販売場所

熊谷市役所6階 社会教育課、江南文化財センター、市立熊谷図書館、市史編さん室(妻沼展示館内)、戸田書店熊谷店(肥塚四丁目)

熊谷市史報告書

  書名 内容 価格 大きさ
発刊年
1 『熊谷市史料集』1 吉田市右衛門家文書「記録」 吉田市右衛門家文書の「記録」を現代の活字にして読みやすくし、簡単な解説や内容細目を掲載 1,000円 B5判
平成26年
2 『熊谷市史料集』2元素楼養蚕関係文書「御用簿」「公用記」 明治5〜6年「御用簿」、明治6年「公用記」を現代の活字にして、簡単な解説や内容細目を掲載 1,000円 B5判
平成28年
3 『熊谷市史料集』3元素楼養蚕関係文書「御沙汰御廻状留」「養蚕得失論」ほか 『史料集』2の続編、「御沙汰御回状留」や「養蚕得失論」などの鯨井勘衛が執筆した書を活字にして、簡単な解説や内容細目を掲載 1,000円 B5判
平成29年
4 『熊谷市史料集』4近世道中記 弁財の大嶋家文書から近世の道中記(旅日記)3冊を活字にして、解説や旅程一覧等を掲載 1,000円 B5判
平成29年
5 『熊谷市史料集』5 吉田市右衛門家文書2「諸事纂要」 吉田市右衛門家の幕府への上納金や村々への窮民などの記録を活字にして解説等を掲載 1,000円 B5判
平成30年度
6 『調査報告書』1冑山根岸家資料報告(1)考古資料・古瓦 明治の考古家根岸武香が収集した古瓦を図版と写真で詳細に掲載 売り切れ A4判
平成27年
7 『調査報告書』2別府地域出土資料報告 東別府出土の個人蔵採取資料について実測図や写真とともに報告を行う。 1,000円 A4判
平成29年

販売場所

熊谷市役所6階 社会教育課、江南文化財センター、市立熊谷図書館、市史編さん室(妻沼展示館内)、戸田書店熊谷店(肥塚四丁目)

民俗編調査報告書

  書名 内容 価格 大きさ
発刊年
1 年中行事
(旧熊谷市編)
年中行事について、概論と各家・地域の詳細な調査票を掲載 売り切れ A4判
平成16年
2 年中行事
(旧妻沼町編)
年中行事について、概論と各家・地域の詳細な調査票を掲載 売り切れ A4判
平成18年
3 食生活
(旧熊谷市編)
食生活について、概論と各家の詳細な調査票を掲載 1,000円 A4判
平成17年
4 食生活
(旧妻沼町編)
食生活について、概論と各家の詳細な調査票を掲載 1,000円 A4判
平成19年
5 衣生活
(旧熊谷市編)
衣生活について、概論と各家の詳細な調査票を掲載 売り切れ A4判
平成18年
6 衣生活
(妻沼地域編)
衣生活について、概論と各家の詳細な調査票を掲載 1,000円 A4判
平成24年
7 人の一生
(旧熊谷市編)
出生・結婚・葬送等について、概論と各家の調査票を掲載 1,000円 A4判
平成19年
8 人の一生
(妻沼地域編)
出生・結婚・葬送等について、概論と各家の調査票を掲載 1,000円 A4判
平成20年
9 民間信仰・口頭伝承(熊谷地域編) 信仰や昔話等について、概論と各家・地域の調査票を掲載 900円 A4判
平成20年
10 民間信仰・口頭伝承(妻沼地域編) 信仰や昔話等について、概論と各家・地域の調査票を掲載 900円 A4判
平成20年
11 生産・生業
(熊谷地域編)
農業・職人・商人等について、概論と各家・地域の調査票を掲載 1,200円 A4判
平成21年
12 生産・生業
(妻沼地域編)
農業・職人・商人等について、概論と各家・地域の調査票を掲載 1,000円 A4判
平成22年
13 住生活・交通・交易(熊谷地域編) 屋敷構えや交通等について、概論と各家・地域の調査表を掲載 1,300円 A4判
平成22年
14 住生活・交通・交易(妻沼地域編) 屋敷構えや交通等について、概論と各家・地域の調査表を掲載 1,000円 A4判
平成23年

 多くの市民調査員のご協力により集まった、熊谷の民俗に関する膨大かつ詳細なデータを1件1件掲載しました。
 熊谷・妻沼各地域の伝統や風習を細かく知ることができます。
注釈:熊谷地域、妻沼地域は、旧熊谷市域、旧妻沼町域を指します。

販売場所

熊谷市役所6階 社会教育課、市立熊谷図書館、市史編さん室(妻沼展示館内)

旧熊谷市・旧大里町・旧妻沼町・旧江南町の刊行物

旧熊谷市・旧大里町・旧妻沼町・旧江南町の刊行物で、在庫のあるものを販売いたします。

旧熊谷市史刊行物

  書名 内容 価格 大きさ
発刊年
1 熊谷市史 前編 旧熊谷市の自然、地名や原始から江戸時代までを叙述 売り切れ A5判
昭和38年
2 熊谷市史 後編 旧熊谷市の江戸時代から昭和中頃までの歴史を叙述 売り切れ A5判
昭和39年
3 熊谷市史 
通史編
近現代の行政史を中心にまとめた市制50周年記念誌 3,000円 A5判
昭和59年

販売場所

市史編さん室(妻沼展示館内)

旧大里村史刊行物

  書名 内容 価格 大きさ
発刊年
1 大里村史 旧大里町の自然や原始から現代までの歴史を扱った通史編 2,000円 A5判
平成2年
2 図説 
大里村の歴史
旧大里町の歴史をわかりやすくまとめた本。「桐窓夜話」を掲載 売り切れ A5判
昭和60年

販売場所

市史編さん室(妻沼展示館内)

旧妻沼町史刊行物

  書名 内容 価格 大きさ
発刊年
1 妻沼町誌 旧妻沼町の歴史や原始から現代までの歴史を扱った通史編 売り切れ A5判
昭和52年
2 妻沼町誌(全)
復刻判
昭和3年の妻沼町(現妻沼・弥藤吾地区)で刊行した町誌を復刻 1,000円 A5判
平成7年復刻

販売場所

市史編さん室(妻沼展示館内)

旧江南町史刊行物

  書名 内容 価格 大きさ
発刊年
1 資料編1 
考古
荒川と台地・丘陵に刻まれた、原始古代以降の遺跡、出土遺物を網羅 3,000円 A5判
平成7年
2 資料編2 
古代・中世
武蔵国造の時代から、戦国大名後北条氏の支配までをたどる。 3,000円 A5判
平成10年
3 資料編3 
近世
江戸時代の旧江南町域に残る諸家文書を多数収録 3,000円 A5判
平成13年
4 資料編4 
近代・現代
明治・大正・昭和時代の行政、諸家文書、新聞などを多数収録 3,000円 A5判
平成13年
5 資料編5 
民俗
旧江南町域の習慣・風俗・伝統行事・信仰などを多方面に収録 3,000円 A5判
平成8年
6 自然編1 
動物
旧江南町域に生息する昆虫・動物を調査して写真で解説 3,000円 A4判
平成10年
7 自然編2 
植物
旧江南町域の植物植生を調査し、写真で解説 3,000円 A4判
平成14年
8 自然編3
地形・地質
旧江南町域の地形・地質を調査して図説等をまじえて解説 3,000円 A4判
平成19年
9 通史編 上巻 原始時代から近世までの旧江南町のすがたをまとめる。 3,000円 A5判
平成16年
10 通史編 下巻 近代から現代までの旧江南町のすがたをまとめる。 3,000円 A5判
平成16年
11 報告編1 
江南町の板碑
中世の文化財「板碑」の発祥地である旧江南町の石造物をまとめる。 4,000円 A4判
平成15年
12 普及判 
江南町の歩み
旧江南町の歴史をビジュアルに、わかりやすくまとめた本 在庫なし A4判
平成17年

販売場所

江南文化財センター、市史編さん室(妻沼展示館内)

購入方法

直接購入される人

各書籍ごとに販売場所が違いますので、ご確認の上、販売場所にお越しください。

直接購入される人

次のものを同封し、下記宛にお送りください(1冊の購入の場合)。

  • 書籍の代金分の定額小為替
  • 本書のタイトル(購入希望書籍名)、送付先の住所・氏名・電話番号を記入したメモ
  • 送料分の切手(または着払い。前記のメモに「着払い希望」と記入)

注意

  • 送料については、それぞれの書籍のリンク先をご覧ください。
  • 2冊以上購入、または他の書籍をあわせて購入される場合は、下記までお問合せください。
  • 定額小為替には何も記入しないでください。

宛先

郵便番号360-0202 
熊谷市妻沼東1-1
熊谷市教育委員会 社会教育課市史編さん室

このページについてのお問合せは

市史編さん室
電話:048-567-0355(直通) ファクス:048-589-2811

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る