このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

新築住宅に対する減額措置

更新日:2016年8月30日

新築された住宅については、新築後一定期間、固定資産税額が減額されます。

適用対象となる住宅

1.専用住宅や併用住宅であること。(なお、併用住宅については、居住部分の割合が2分の1以上のものに限られます。)

2.床面積要件:50平方メートル(一戸建以外の貸家住宅にあっては40平方メートル)以上280平方メートル以下

※分譲マンションなど区分所有家屋の床面積については、「専有部分の床面積+持分で按分した共用部分の床面積」で判定します。なお、賃貸マンションなどについても、独立的に区画された部分ごとに区分所有家屋に準じた方法で判定します。

減額される範囲

減額の対象となるのは、新築された住宅用の家屋のうち住居として用いられてる部分(居住部分)だけであり、併用住宅における店舗部分、事務所部分などは減額対象となりません。
また、住居として用いられてる部分の床面積が120平方メートルまでのものはその全部が減額対象に、120平方メートルを超えるものは120平方メートル分に相当する部分が減額対象になります。
なお、共同住宅や課税上の二世帯住宅の場合は、独立的に区画された部分ごとに軽減の対象となります。

課税上の二世帯住宅とは、下記の要件を満たしている家屋をいいます。

一般的に言われる二世帯住宅とは異なりますのでご注意ください。
・構造上独立していること…一棟の家屋で各世帯が壁等により遮断され、各々の専用部分が容易に出入りできない構造になっていること。
・利用上独立していること…各世帯が自己の専用部分だけで生活できるよう、専用の玄関(出入口)、台所、トイレ等が備わっていること。

減額される額

上記の減額対象に相当する固定資産税額の2分の1が減額されます。

減額される期間

  1. 一般の住宅(2、3以外の住宅)…新築後3年度分
  2. 長期優良住宅または3階建以上の中高層耐火住宅等…新築後5年度分
  3. 長期優良住宅および3階建以上の中高層耐火住宅等…新築後7年度分

このページについてのお問合せは

資産税課
電話:048-524-1111(代表)内線250、252

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る