このページの先頭です

日本脳炎予防接種

更新日:2022年4月1日

予防できる感染症

日本脳炎蚊(コガタアカイエカ)が媒介するウイルスで、多くの場合は無症状ですが、脳炎を起こすと、知的障害や運動障害の後遺症が残ったり、亡くなることもあります。

接種回数と接種間隔

接種区分 接種回数
および間隔
標準的スケジュール 熊谷市実施対象年齢
第1期初回 6日から28日までの間隔をおいて2回 3歳時に2回接種 生後6か月から7歳半に至るまで
第1期追加 初回完了後おおむね1年の間隔をおいて1回 4歳時に1回接種 生後6か月から7歳半に至るまで
第2期 1回 9歳時に1回接種 9歳から13歳未満

積極的勧奨の差し控えられたことによる実施対象年齢の一部緩和について

◎特例対象者(平成14年4月2日から平成19年4月1日生まれ)のかた
第1期・第2期の未接種分を20歳未満まで定期接種として接種可能です。
転入・紛失等で「予診票」をお持ちでない場合には、交付をしますので、母子健康手帳をお持ちのうえ、母子健康センターまたは妻沼保健センター窓口までお越しください。

◎経過措置対象者(平成21年4月2日から平成21年10月1日生まれ)のかた
第1期(3歳から7歳半未満)の3回が完了していない場合、第2期の実施対象年齢内(9歳から13歳未満)で、第1期の不足回数分を接種する機会が「経過措置」として設けられています。対象となるかたは、「経過措置」としての予診票が必要になりますので、第2期の接種前に母子健康手帳をお持ちのうえ、母子健康センターまたは妻沼保健センター窓口までお越しください。

日本脳炎の基礎知識

【参考】熊谷市日本脳炎予防接種年齢別対応表

平成17年度から平成21年度の間に日本脳炎の予防接種の機会を逃したかたの接種時期が緩和され、平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれのかた(特例対象者)に限り、定期接種の期間が延長されました。

ワクチンの接種について

接種については、お子さんの予防接種の受け方(熊谷市ホームページ)をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

母子健康センター
電話:048-525-2722(直通) ファクス:048-526-1950

この担当課にメールを送る

本文ここまで