このページの先頭です

ポリオ予防接種

更新日:2021年10月1日

  • ポリオの定期予防接種は、平成24年9月1日から、生ポリオワクチンから不活化ポリオワクチンに一斉に切り替えられました。
  • 平成24年11月から、3種混合ワクチン(DPT)と不活化ポリオワクチン(IPV)を混合した4種混合ワクチン(DPT-IPV)が定期接種に導入されました。

予防できる感染症

ポリオ(急性灰白髄炎)「小児まひ」とも呼ばれ四肢に麻痺を起こします。感染してもほとんどの場合は、発病しないか、発病しても多くは風邪症状ですが、まれに手足に麻痺を起こし、運動障害が残ります。

実施対象年齢

3か月から7歳半に至るまで

接種回数と接種時期

標準的なスケジュールでは、20日から56日までの間隔をおいて3回接種、3回目完了後12か月から18か月の間隔をおいて1回接種します。

スケジュールのイメージ図

スケジュールの詳細は、PDFファイルをご覧ください。

ポリオとポリオワクチンの基礎知識

ワクチンの接種について

接種については、新規ウインドウで開きます。お子さんの予防接種の受け方(熊谷市ホームページ)をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

母子健康センター
電話:048-525-2722(直通) ファクス:048-526-1950

この担当課にメールを送る

本文ここまで