このページの先頭です

B型肝炎予防接種

更新日:2020年9月15日

予防できる感染症

B型肝炎

乳幼児期に感染するとウイルスのキャリア(ウイルスを体内に保有した状態)になる率が高くなります。肝炎になると、疲れやすくなり、黄疸がでます。肝炎が慢性化すると肝硬変や肝臓がんにつながります。

実施対象年齢

生後2か月から12か月に至るまで(生後2か月から1歳の誕生日の前日まで

接種回数と接種間隔

標準的なスケジュールでは、生後2か月から接種。27日以上の間隔をおいて2回接種、1回目から20から24週の間隔をあけて1回接種します。

2回目は1回目から27日以上の間隔をあける。3回目は1回目から139日以上の間隔をあける。

ワクチンの接種について

接種については、 お子さんの予防接種の受け方(熊谷市ホームページ)をご覧ください。

B型肝炎Q&A

このページについてのお問合せは

母子健康センター
電話:048-525-2722(直通) ファクス:048-526-1950

この担当課にメールを送る

本文ここまで