設置しよう!点検しよう!家族を守る「住宅用火災警報器」

更新日:2020年7月13日

リーフレット表面

リーフレット裏面

住宅用火災警報器を設置しましょう

住宅用火災警報器の設置状況

 消防法および火災予防条例で、全ての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。
 まだ設置していないご家庭は、早急に設置しましょう!

住宅用火災警報器の設置率(令和2年7月1日時点)

  設置率(注釈1) 条例適合率(注釈2)
全 国 82.6% 68.3%
埼玉県 78.1% 67.3%
熊谷市 79.5% 68.5%

注釈1:設置率とは、市町村の火災予防条例において設置が義務付けられている住宅の部分のうち、1か所でも設置している世帯(条例適合世帯を含む。)の全世帯に占める割合。
注釈2:条例適合率とは、市町村の火災予防条例において設置が義務付けられている住宅の部分全てに設置している世帯(条例適合世帯という。)の全世帯に占める割合。

なぜ必要なの?

住宅火災の件数および死者の推移(放火自殺者等を除く。)【令和元年版消防白書から】

令和2年版消防白書棒グラフ

住宅火災の死に至った経過別死者発生状況(放火自殺者等を除く。)【令和元年版消防白書から】

H29年版消防白書円グラフ

 住宅火災の件数は減少傾向となっていますが、平成30年中では946人と多くの方が亡くなっています。
 また、946人の死者数のうち519人(54.9%)が「逃げ遅れ」により尊い命を亡くしています。
 住宅用火災警報器は、火災の煙や熱を感知し、警報音等でいち早く火災の発生を知らせてくれます。 
 火災を早期発見するためには、住宅用火災警報器が大変有効です。

どこに設置するの?

  • 寝室(就寝のために使用する部屋)
  • 階段(寝室が2階以上の階にある場合)

の天井または壁面に設置します。 
また、台所にも設置することをお勧めします。

設置場所

住宅用火災警報器の点検を定期的に行いましょう!

点検方法

 点検をするには、点検ボタンを押す、または点検ひもを引いて作動確認をします。
 平成20年に設置が義務化されてから10年以上経過しています。定期的に点検を実施し、電池切れの場合は、新しい電池に交換してください。
 また、製造から10年以上経過している場合は、本体内部の電子部品が劣化し、火災を感知しなくなる可能性があるため、本体の交換をおすすめします。

悪質な訪問販売等に注意!

だましのテクニックに気を付けましょう

 消防職員がご家庭に訪問して、消火器や住宅用火災警報器の販売や点検を行うことは絶対にありません。
 少しでも怪しいと感じたら、キッパリと断り、警察に通報しましょう。

お問合せ

予防課
電話:048‐501-0118(直通)
ファクス:048‐521-1207
この担当課にメールを送る