このページの先頭です

戸籍制度が利用しやすくなります(戸籍の広域交付等)

更新日:2024年2月7日

令和6年3月1日から、戸籍法の一部を改正する法律(令和元年法律第17号)が施行されます。
1 戸籍証明書等の広域交付の請求が可能となります。
2 戸籍届出時の戸籍証明書等の添付が原則不要となります。

1 戸籍証明書等の広域交付とは

今までは、熊谷市に本籍地があるかたのみ交付の請求が可能でしたが、全国どこの市区町村に本籍地があっても戸籍証明書等の交付の請求が可能となります。
熊谷市に本籍があるものも、全国どこの市区町村でも可能となります。

広域戸籍とは

【どこでも】
本籍地が遠くにあるかたでも、お住まいや勤務先の最寄りの市区町村の窓口で請求できます。
【まとめて】
ほしい戸籍の本籍地が全国各地にあっても、1か所の市区町村の窓口でまとめて請求できます。

【注意事項】
・コンピュータ化されていない一部の戸籍・除籍を除きます。
・一部事項証明書、個人事項証明書は請求できません。
・他市区町村に照会が必要な場合は、即日発行できない場合があります。
・証明書の発行までにお時間がかかりますので、お時間に余裕を持ってご来庁ください。
・本籍地および筆頭者の正確な情報が必要です。

広域交付で戸籍証明書等を請求できるかた

本人等(下表参照)が市区町村の窓口にお越しになって請求する必要があります。
本人、配偶者、直系尊属(父母、祖父母など)、直系卑属(子、孫など)の戸籍証明書等を請求できます。

請求範囲

【注意事項】
・父母の戸籍から除籍したきょうだいの戸籍証明書は請求できません。
・郵送や代理人による請求はできません。

持ち物

運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど
窓口にお越しになったかたの本人確認のため、顔写真付きの身分証明書(戸籍法に基づくもの)の提示が必要です。
顔写真付きの身分証明書がない場合は、本籍地での請求をお願いします。
(顔写真付きの身分証明書以外により本人確認を行います。)

請求窓口等

2 戸籍届出時の戸籍証明書等の添付が原則不要になります。(戸籍届出時における戸籍証明書等の添付負担の軽減とは)

戸籍証明書目等の添付負担

例えば、新婚旅行先の市区町村の窓口に婚姻届を提出する場合など、本籍地ではない市区町村の窓口に戸籍の届出を行う場合でも、提出先の市区町村の職員が本籍地の戸籍を確認することができるようになりますので、戸籍届出時の戸籍証明書等の添付が原則不要となります。

詳しくは、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。法務省のホームページ(外部サイト)をご覧ください。

このページについてのお問合せは

市民課
電話:048-524-1111(代表)内線267・269・270、048-524-1352(直通)

この担当課にメールを送る

本文ここまで