このページの先頭です

江南のホタル発生調査 令和2年結果

更新日:2020年6月22日


この写真はホタルの光を特殊な方法で撮影したものです。

ホタル発生状況

ホタルの光は、癒やし効果があるといわれ、市内でも5月下旬から6月中旬頃まで、自生しているホタルを見ることができます。「認定NPO法人熊谷市ほたるを保護する会」がホタルの発生状況の確認を行いました。

    調査地点
押切 樋春 千代 柴北 柴南 小江川 上新田 つけぎ沼 合計
5 18 0 - 0 - 0 - - 0 0
19                 -
20                 -
21 0 0 0 - 0   0 0 0
22           0     -
23                 -
24                 -
25 0 30 30 7 15 7 2 81 172
26                 -
27               74 -
28 0 10 77 11 35 15 0 138 286
29               167 -
30               135 -
31               115 -
6 1 0 28 224 - 55 7 - 134 448
2             11 98 -
3                 -
4 0 80 413 28 182 12 21 114 850
5                 -
6                 -
7                 -
8 0 65 943 17 63 8 34 7 1137
9                 -
10                 -
11 0 0 421 - - - 45 - 466
12           26      
13                 -
14                 -
15 0 3 289 10 41 43 77 2 465
16                  
17                 -
18 0 0 60 0 60

ホタルを観賞するときのマナー

ホタルを見るときはマナーを必ず守ってください。

  • 路上駐車や大声で騒いだり、ごみのポイ捨てをしたりすることは絶対にやめてください。
  • 観賞する場合、照明もなく真っ暗で、水路等がありますので、事故等には、十分注意をしてください。
  • 「ホタル」や餌となる「カワニナ」を捕まえることは条例で禁止されています。
  • ホタルは光に弱いため、懐中電灯、フラッシュなどは使用しないでください。
  • 駐車場は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。江南文化会館「ピピア」(外部サイト)をご利用ください。

ホタルの保護に関する条例についてはこちらを参照してください。

このページについてのお問合せは

環境政策課環境政策係(江南庁舎)
電話:048-536-1547(直通) ファクス:048-536-2009

この担当課にメールを送る

本文ここまで
サブナビゲーションここから

野生動植物・外来生物・ムサシトミヨに関するお知らせ

サブナビゲーションここまで