このページの先頭です

雪道や凍結した道路での交通事故に注意しましょう!

更新日:2022年2月10日

雪道や凍結した道路での運転時には、少しの油断が大きな事故につながるおそれがあります。道路の凍結が考えられる朝方や夜間は、普段よりも早めに行動をして、余裕を持った運転を心がけましょう。また、冬用タイヤを装着していても厳しい凍結の場合には、スリップ等の危険を避けるため、タイヤチェーンを装着しましょう。
雪の時にはノーマルタイヤの方は不要不急の外出は控えましょう。

滑りやすい危険箇所

次の場所は滑りやすいので、特に注意してください。

  • 風通しの良い橋の上
  • 陸橋
  • 坂道
  • ビルや樹木等の日かげ部分

上記の場所は、路面が凍結しやすくなります。
特に冷え込む朝方や夜間に発生する「ブラックアイスバーン」は要注意。アスファルトの表面に薄い氷が張っている状態ですが、ドライバーからは濡れた路面のように見えるため凍っていることに気づかない場合もあり、非常に危険です。

走行時の注意

  • 速度は控えめに
  • 車間距離は、普段よりも広く間隔をとる
  • 進路変更や方向転換等の合図は早めに
  • アクセルやハンドル操作は丁寧にゆっくり
  • ブレーキ操作は普段より早いタイミングで、ゆっくりと踏みましょう。急ブレーキによりタイヤがロックされると危険です。
  • 交差点では、自分が優先だという意識を持たないこと
  • 坂道では、より慎重に

いつも以上に安全運転を意識しましょう。

凍結した道路は滑るものと考えて、速度を控えめにし、安全運転を心がけましょう!

歩行者も注意

雪道、凍結した道路では歩行者も注意が必要です。
急がず、小幅でゆっくりと歩きましょう。
また、普段以上に車を避ける意識を持って、安全確認を行いましょう。

関連情報

交通安全のポイントが紹介されています。

このページについてのお問合せは

安心安全課交通安全係
電話:048-524-1128(直通) ファクス:048-521-0520

この担当課にメールを送る

本文ここまで
サブナビゲーションここから

お知らせ

サブナビゲーションここまで