このページの先頭です

デジタルデザイン企画「立正大学との共同研究」スマートクールシティワークショップ

令和6年度実施 立正大学と連携したデジタルデザイン企画「気象観測機器の開発および気象データの分析」


 この取り組みでは、熊谷市の気象観測機器の開発検討、暑さ対策の方法などについて、立正大学や市民等によるワークショップを実施するほか、観測した気象データの分析や活用方法の検討を行い、快適なまちづくりのための技術・ノウハウを蓄積していきます。
 また、「シーンスケッチコンテスト」、「コミュニティラボ」、「デジタルデザイン企画」を連携して実施することで、地域の子どもたちの「社会にデジタルで参画する」意識を高め、ひいては地域の魅力を高め、産業を支えることにつながっていく、という流れを作り、熊谷市の企業活動支援・産学連携・スマートシティの共通の軸とすることを目指します。

未来のまちづくりスマートクールシティワークショップ

立正大学との共同研究を市民・大学・産業関係者・起業家と連携して行います。
熊谷の「暑さ(気象)」に関するデータを活用し、未来のまちづくりや創業へつなげます。

スマートクールシティワークショップ特設ページ

詳しくはこちらをご覧ください!
(説明会に参加されなくても、ワークショップへのお申し込みは可能です。)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://www.kumagaya-smartcoolcity.jp/(外部サイト)

お問い合わせ先

熊谷市市長公室政策調査課
電話:048-524-1111(内線368)
ファックス:048-525-9222
新規ウインドウで開きます。この担当課にメールを送る

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで
サブナビゲーションここから

熊谷スマートシティ

サブナビゲーションここまで