このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

福祉避難所

更新日:2020年3月10日

災害時の避難行動は

 災害が発生し、避難勧告または避難指示等が出された場合は、災害の状況に応じて、指定避難所が開設されますので、まずは、災害時要配慮者等を含めた市民は、地元の小学校等の指定避難所へ避難することになります。
 指定避難所では、要配慮者に要配慮者用スペース等を適切な場所に設置するなど、避難生活に配慮することとなっております。

要配慮者とは

 要配慮者は、災害時において、高齢者、障害者、乳幼児その他の特に配慮を要する人を指します。(災害対策基本法より)

福祉避難所とは

  指定避難所は、一時的に生活していただくための避難所ですが、災害の状況によっては、避難生活が長期化してしまうこともあります。
 長期化した避難生活において、指定避難所での避難生活を送ることが困難な特別な支援を必要とする人を対象に、本人の心身の状況、障害の種類や程度、本人や家族の希望等を勘案し、福祉避難所への受入れ対象候補者を決定し、福祉避難所の受入れ体制を確認のうえ、必要に応じて福祉避難所が開設されます。

福祉避難所の避難対象者

 高齢者、障害者、妊産婦の方など避難生活において特別な配慮を必要とする人で、身体等の状況や医療面でのケアの必要性から介護保険施設や医療機関などに入所・入院するに至らない程度の在宅の要支援者が対象です。
 たとえば、自閉症、精神障害、認知症などにより集団での避難生活を長期に継続することが著しく困難な人で、現に避難している指定避難所での対応が困難な人などが挙げられます。

災害が発生し、避難勧告、避難指示が出された場合、お住いの近くにある小学校などの指定避難所に避難していただきます。その後、避難生活を送ることが困難な特別な支援を必要とする方を対象に福祉避難所が開設されます。

福祉避難所運営ガイドライン(施設向け)

 本市では、施設関係者の人が災害時に福祉避難所について、迅速かつ円滑に開設・運営ができるものとするため、平常時および災害時の取組みについてまとめた「福祉避難所運営ガイドライン」を作成しました。

福祉避難所施設職員向け研修を行いました

 令和2年2月4日(火曜日)に(公財)西熊谷病院より講師をお招きし、福祉避難所として協定を結んでいる市内32施設を対象に研修を行いました。
 研修では「HUG(避難所運営ゲーム)」の福祉施設バージョンを用い、特別養護老人ホームに、夜中に発生した大地震直後から施設の利用者やその家族、一般避難者等が押し寄せてきたという想定で行いました。その中で、入所者の安全確保、建物の被害状況の把握や応急処置、職員の安否確認、避難者の受け入れ、情報共有、様々な出来事への対応などの一連の状況について、一つのグループで話し合いながら、どのように対応するかを考えるというものでした。
 本研修を通じて、福祉避難所を開設した際の自施設の課題や災害に対する準備の大切さを感じていただくことができたと考えております。

 熊谷市では今後もこうした研修等を通じて、防災意識の向上を図り、いざという時に迅速かつ正確に行動ができるよう対策を講じてまいります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

障害福祉課
電話:048-524-1451(直通) ファクス:048-524-8790

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る