このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

障害基礎年金

更新日:2018年4月1日

国民年金加入中に初診日のある病気・けがで政令に定められた障害の状態の1級・2級に該当する場合、障害基礎年金が支給されます。(日本国内に住んでおり老齢基礎年金を請求していなければ、60歳から65歳未満に初診日のある病気・けがでも該当します。)
なお、障害基礎年金を請求する場合には、保険料納付要件を満たしていることが必要です。
また、20歳になる前に1級・2級の障害の状態になった場合は、20歳になったときから受けられます。

初診日と受けるための条件

初診日とは、障害の原因となった病気やけがで初めて医師の診療を受けた日のことです。
障害基礎年金の請求にあたっては、初診日がいつかによって下記のとおり条件が異なります。
(1)初診日が20歳前の方
20歳になったときに障害基礎年金の請求ができます。ただし、障害認定日が20歳以降になる場合は、その障害認定日以降に請求できます。

(2)初診日が20歳以上60歳未満の方
次の条件を満たしたときに障害基礎年金の請求ができます。ただし、障害基礎年金の請求は障害認定日以降になります。

  • 初診日が、国民年金加入期間中にあること
  • 初診日の前日において、20歳から初診日の前々月までの被保険者期間のうち、保険料を3分の2以上納付していること(学生納付特例・若年者納付猶予や免除を承認された期間を含む)。または、初診日の前々月までの1年間に滞納がないこと(平成38年3月31日まで)

(3)初診日が60歳以上65歳未満の方
次の条件を満たしたときに障害基礎年金の請求ができます。ただし、障害基礎年金の請求は障害認定日以降になります。

  • 過去に公的年金(国民年金・厚生年金・共済年金)に加入していたこと
  • 60歳までの被保険者期間のうち、保険料を3分の2以上納付していること(学生納付特例・若年者納付猶予や免除を承認された期間を含む)

※老齢基礎年金を繰上げて受給した後は、事後重症の障害基礎年金の請求ができません。

障害認定日とは

初診日から1年6ヶ月を経過した日、または1年6ヶ月以前に症状が固定した日を障害認定日とし、このときの障害の程度を審査します。
障害基礎年金の請求は、この障害認定日以降になります。

年金額(平成30年度)

  • 1級障害基礎年金974,125円
  • 2級障害基礎年金779,300円

障害基礎年金の受給者に、生計を維持されている18歳到達年度の末日までの子(または、1・2級の障害を持つ20歳未満の子)がいる場合は、次の加算がつきます。
加算額(年額)
1人目・2人目(1人につき)各224,300円
3人目以降(1人につき)各74,800円

障害認定基準

障害認定基準については、以下をご覧ください。

手続き先

  • 初診日が国民年金(第1号被保険者)加入期間中にある方など

市役所または行政センターの窓口

  • 初診日が厚生年金保険加入期間中や国民年金(第3号被保険者)加入期間中にある方など

年金事務所
日本年金機構熊谷年金事務所お客様相談室
048(522)5012音声案内1番のあと2番

  • 初診日が共済組合加入期間中にある方など

加入していた共済組合

相談時に必要なもの

  • 年金手帳又はマイナンバーがわかるもの
  • 身分証明書
  • 障害者手帳等(所持している場合)

※申請にあたって過去の納付記録や病歴(通院歴)等を確認させていただきます。初診日を事前に確認のうえお越しください。

このページについてのお問合せは

保険年金課国民年金係
電話:048-524-1111(代表)内線277 ファクス:048-525-7411

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る