このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国民年金保険料免除等の臨時特例について

更新日:2020年5月13日

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した場合、臨時特例措置として、本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続により、国民年金保険料免除・納付猶予や学生納付特例の申請が可能となりました。

対象となる方

以下のいずれにも該当する方が対象となります。

  1. 令和2年2月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響により業務が失われるなど収入が減少したこと。
  2. 令和2年2月以降の所得状況からみて、当年中の所得見込額が、国民年金保険料免除・納付猶予や学生納付特例に該当する水準になることが見込まれること。 新規ウインドウで開きます。(該当する基準についてはこちらをご参照ください。)

なお、免除・納付猶予の判定においては、配偶者や世帯主(納付猶予は配偶者のみ)も審査の対象となります。申請者本人のほか、配偶者や世帯主が上記に該当するときも申請することができます。

対象となる期間

免除・納付猶予

令和元年度分(令和2年2月分から令和2年6月分まで)
※令和2年7月分以降は、改めて申請が必要です。

学生納付特例

令和元年度分(令和2年2月分から令和2年3月分まで)
令和2年度分(令和2年4月分から令和3年3月分まで)

手続に必要なもの

免除・納付猶予

  • 国民年金保険料免除・納付猶予申請書
  • 年金手帳またはマイナンバーがわかるもの
  • 本人確認書類(運転免許証等)
  • 印鑑
  • 所得の申立書(臨時特例用)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。申請書及び申立書は日本年金機構ホームページからダウンロードできます(外部サイト)

学生納付特例

留意事項

  • 申請書は、「(12)特例認定区分」欄の「3.その他」へ◯をし、「臨時特例」と記入してください。
  • 所得の申立書に記載した内容を明らかにすることができる書類は、申請時に添付する必要はありませんが、後日、日本年金機構より提出を求められる場合がありますので、申請から2年間は保管してください。

手続先

  • 熊谷年金事務所
  • 市役所保険年金課
  • 大里行政センター市民福祉係
  • 妻沼行政センター市民係
  • 江南行政センター市民福祉係

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、郵送でも手続を行うことができます。その際、申請書にマイナンバーを記入して提出する場合は、マイナンバーが確認できる書類の写しと、本人確認書類(運転免許証等)の写しも同封してください。

問合せ先

日本年金機構熊谷年金事務所

048-522-5012(音声案内2番のあと2番)
〒360-8585
熊谷市桜木町一丁目93番地

ねんきん加入者ダイヤル

0570-003-004

このページについてのお問合せは

保険年金課国民年金係
電話:048-524-1111(代表)内線277 ファクス:048-525-7411

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る