このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

遺族基礎年金

更新日:2018年4月1日

遺族基礎年金は、被保険者または老齢基礎年金の受給資格期間が25年以上ある方が、死亡した時に、子のある配偶者、または子に支給されます。
ただし、子は18歳到達年度の末日までの子、または20歳未満で障害等級の1級・2級の障害の状態にある子に限られます。

受給要件

死亡日の前日において、20歳から死亡した月の前々月までの被保険者期間のうち、3分の2以上納付していること(学生納付特例・若年者納付猶予や免除を承認された期間を含む)
ただし、平成38年4月1日前の場合は死亡日に65歳未満であれば、死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までの1年間の保険料を納付しなければならない期間のうちに、保険料の滞納がなければ受けられます。

遺族の範囲

死亡した方によって生計を維持されていた次の遺族

  • 配偶者の場合

死亡した方の子(18歳到達年度の末日までの子または1・2級の障害を持つ20歳未満の子)と生計を同じにしている配偶者

  • 子の場合

死亡した方の子(18歳到達年度の末日までの子または1・2級の障害を持つ20歳未満の子)

年金額(平成30年度)

779,300円+子の加算
子の加算
第1子・第2子各224,300円
第3子以降各74,800円
(注)子が遺族基礎年金を受給する場合の加算は第2子以降について行い、子1人あたりの年金額は、上記による年金額を子供の数で除した額

手続きについて

市の窓口受付は、死亡された方が国民年金第1号被保険者のみの方が対象になります。
以下のものをご持参のうえ、市役所または行政センターの窓口にて手続きをお願いします。
〇年金手帳(亡くなった方、請求者)
〇マイナンバーのわかるもの(亡くなった方、請求者)
〇身分証明書
〇印鑑
〇預金通帳(請求者)
〇戸籍謄本(請求者)*全部事項証明
死亡者との続柄および請求者の氏名・生年月日の確認。受給権発生日以降で提出日から6ヶ月以内に交付されたもの。
〇世帯全員の住民票(請求者)
死亡者との生計維持関係確認のため
〇死亡者の住民票の除票
世帯全員の住民票の写しに含まれている場合は不要
〇所得証明書(請求者)
義務教育終了前は不要。高等学校等在学中の場合は在学証明書または学生証等
〇年金証書(請求者が他に年金を受給している場合)
〇障害者手帳等(請求者)
請求する20歳未満の子で等級1級又は2級に該当される方
〇死亡診断書の写し
(注意)
※申請手続き先が、年金事務所もしくは共済組合になる場合もありますので、事前に確認をお願いいたします。
※請求者と死亡者が別の住民票である場合は、生計同一関係に関する申立書が必要になります。
※この他にも、代理人の場合は委任状等や状況により提出が必要になる書類があります。

このページについてのお問合せは

保険年金課国民年金係
電話:048-524-1111(代表)内線277 ファクス:048-525-7411

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る