このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

保育料等について

更新日:2020年8月6日

3号認定のかた

 保育料は、保護者の市民税所得割額(以下、「所得割額」という。)の合計額と、児童の認定区分を「利用者負担金基準額(月額)表」に当てはめて算出します。

  • 原則として、父母の所得割額の合計額で決定いたします。ただし、父母の収入の合算が103万円未満の場合は、同居祖父母等のうち、収入の多い方の所得割額を加えた額で決定します。
  • 所得割額は、住宅借入金等(取得)特別控除、配当控除、寄付金税額控除等を控除する前の税額で算定します。
  • 保育料以外にも実費として徴収されている費用がございます。施設ごとに異なりますので、詳細は各施設へお問い合わせください。
  • 市民税の申告・修正申告等をされた場合や、世帯に異動が生じた場合は、保育課までお申し出ください。遡って変更になることがあります。

1・2号認定のかた

幼児教育・保育無償化により、保育料は0円となります。

  • 3号認定の児童が満3歳で2号認定になっても、年度中の保育料は3号認定(3歳未満児)の保育料のままとなり、無償化の対象となるのは翌年度からです。
  • 実費として徴収されている費用(給食費(主食費+副食費)、教材費、延長保育料等)は、無償化の対象外です。

副食費の免除について

次の(1)または(2)のどちらかに該当する場合、副食費が免除となります。
(1) 年収360万円未満相当世帯
   1号:所得割額77,101円未満
   2号:一般世帯は所得割額57,700円未満
      ひとり親等は所得割額77,101円未満

   所得割額については、3号認定のかたと同様に、以下のとおりとなります。

  • 原則として、父母の所得割額の合計額で決定いたします。ただし、父母の収入の合算が103万円未満の場合は、同居祖父母等のうち、収入の多い方の所得割額を加えた額で決定します。
  • 所得割額は、住宅借入金等(取得)特別控除、配当控除、寄付金税額控除等を控除する前の税額で算定します。

(2) 第3子以降
   1号:小学3年生以下の兄姉でカウント
   2号:小学校就学前の兄姉でカウント

 市民税の申告・修正申告等をされた場合や、世帯に異動が生じた場合は、保育課までお申し出ください。遡って変更になることがあります。

保育料等の切替え時期

市民税の年度切替えに伴い、毎年9月においても保育料等の切替えがあります。

  4月から8月分の保育料 9月から3月分の保育料
令和2年度 令和元年度の市民税額で算定 令和2年度の市民税額で算定
令和3年度 令和2年度の市民税額で算定 令和3年度の市民税額で算定

埼玉県および市が実施する多子軽減の特例について

 一般世帯で所得割額57,700円以上の世帯もしくはひとり親世帯等で所得割額77,101円以上の世帯のうち、兄姉の年齢を問わず3人目以降に該当する3号認定の保育料を免除します。

減免等について

  • 寡婦(夫)控除のみなし適用について
  • 保育料の減免について

詳細については、次のファイルをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

保育課保育係
電話:048-524-1111(代表)内線431、570、538 ファクス:048-521-0520

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る