このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

第21回「金子兜太記念 秩父鉄道の俳句」募集

更新日:2019年10月1日

 秩父鉄道整備促進協議会主催による第21回「金子兜太記念 秩父鉄道の俳句」の募集事業を下記のとおり行います。ふるってご応募ください。

※第19回まで「金子兜太先生が選ぶ秩父鉄道の俳句」と題して実施していましたが、金子先生のご逝去に伴い、先生の功績を称え、また、先生の愛した秩父鉄道および沿線風景を受け継いでいくため、第20回から「金子兜太記念 秩父鉄道の俳句」と称し、募集しています。

応募作品

秩父鉄道および沿線風景などを題材とした俳句です。

応募用紙

 規定のはがきで応募ください。
 はがきは、秩父鉄道の各駅、熊谷市役所3階企画課にあります。1枚につき3句までで、一人3枚まで応募できます。
 応募作品は未発表のものに限ります。

応募期間

令和元年12月6日(金曜日)必着

応募方法

 秩父鉄道各駅へ提出するか、または下記送付先に郵送してください。
 なお、郵送料は応募者の負担とします。メールによる応募は受け付けておりません。

送付先・問合せ先

郵便番号 360-8601
熊谷市宮町2-47-1
熊谷市役所総合政策部企画課内
秩父鉄道整備促進協議会事務局
電話048-524-1111(内線529)

選者

内野 修 氏
(略歴)
1943年 大里郡妻沼町(現熊谷市)生まれ
句集「単発機」「直登」「風あり」
「海原」同人、現代俳句協会会員
NHK学園俳句講座講師、埼玉新聞「埼玉俳壇」選者

入賞選考、発表等

  1. 特選3句、入選10句、佳作30句を選び、それぞれ商品を贈呈します。入賞句の数は変更になる場合があります。
  2. 令和2年3月頃、入賞者へ通知します。また、入賞句を秩父鉄道各駅に掲示する予定です。
  3. 応募作品の著作権は、秩父鉄道整備促進協議会に帰属します。

秩父鉄道整備促進協議会とは

秩父鉄道整備促進協議会は、熊谷市のほか、秩父鉄道沿線の羽生市、行田市、深谷市、寄居町、長瀞町、皆野町、秩父市で構成されています。
協議会では、地域の人々の重要な公共交通機関である秩父鉄道の利用を促進し、地域振興の重要な手段として積極的な活用を図る団体です。

電車

このページについてのお問合せは

企画課
電話:048-524-1115(直通) ファクス:048-525-9222

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る