このページの先頭です

ウェルビーイングについて

「ウェルビーイング」とは

ウェルビーイングとは、「身体的・精神的・社会的に良好な状態にあること」を言い、1946年、世界保健機関(WHO)設立の際に考案された憲章の中で初めて言及されたものです。
「 健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態(Well-being)にあることをいいます。」(日本WHO協会:訳)

なぜ、ウェルビーイングが注目されているのか

現在、国では、地域の「暮らしや社会」、「教育や研究開発」、「産業や経済」をデジタル基盤の力により変革し、「大都市の利便性」と「地域の豊かさ」を融合した「デジタル田園都市国家」を構想しています。
「デジタル田園都市国家構想」では、「心ゆたかな暮らし」(Well-being)と「持続可能な環境・社会・経済」(Sustainability)を実現し、地域で暮らす人々の心ゆたかな暮らし(Well-being)の向上と、持続可能性の確保を目指しています。

「心ゆたかな暮らし」(Well-being)をどのように実現し、向上させるのか

まずは、市民の「心ゆたかな暮らし」(Well-being)について、現状把握する必要があります。
そこで、一般社団法人 スマートシティ・インスティテュートが開発した「地域幸福度(Well-being)指標」を活用し、様々な分野における市民の「心ゆたかな暮らし」(Well-being)を数値化・可視化します。
数値化した結果、満足度の高い分野や低い分野について施策の研究を行うことで、市民の「心ゆたかな暮らし」(Well-being)の向上を目指します。
また、数値化・可視化したものをオープンデータとすることで、その街に何が必要であり、何に需要があるのかを示し、市民や民間事業者が参画しやすい官民連携のまちづくりを目指します。

地域幸福度(Well-being)指標とは

客観指標と主観指標のデータをバランスよく活用し、市民の「暮らしやすさ」と「幸福感(Well-being)」を指標で数値化・可視化したもの。
客観指標・・・基礎自治体の統計値など、客観的に測定できるデータ
主観指標・・・市民の主観によるアンケートデータ

熊谷市の「客観指標」のレーダーチャート


出典:(一社)スマートシティ・インスティテュート

熊谷市の「主観指標」のレーダーチャート


出典:(一社)スマートシティ・インスティテュート

熊谷市の取組(「ウェルビーイング推進事業」の実施)

本市では、令和5年度、デジタル田園都市国家構想交付金デジタル実装タイプTYPE2の採択を受け、市民サービス向上に資するデジタル化を進めています。
こうした取組が、どのように市民の「心ゆたかな暮らし」(Well-being)の向上に繋がっていくのかを調査・研究するため、「ウェルビーイング推進事業」を実施しています。
今後、市民の幸福感向上のシナリオ作成やワークショップを開催し、市民の「暮らしやすさ」と「幸福感(Well-being)」の向上を目指していきます。


出典:(一社)スマートシティ・インスティテュート

本文ここまで