このページの先頭です
このページの本文へ移動
本文ここから

アルゼンチン代表HC/ラグビー場を視察

更新日:2018年2月22日

アルゼンチン代表(世界ランク8位)のヘッドコーチ、ダニエル・オルカデ氏が2月20日、2019年のラグビーワールドカップ日本大会の予選会場「熊谷ラグビー場」を視察に訪れました。アルゼンチンは第3戦でアメリカ代表(世界ランク17位)と対戦します。

現在、ラグビー場は改修工事中で今夏、完成します。視察は非公開で、オルカデ氏は選手が使用する更衣室や医務室のほか、客席から全体を見渡したそうです。視察後、取材陣の質問に答えました。

【アルゼンチン代表】

  • 2007年フランス大会 3位
  • 2011年ニュージーランド大会 準々決勝敗退
  • 2015年イングランド大会 4位
  • 愛称は「ロス・プーマス」で、ユニフォームの胸に入っているエンブレムに描かれているジャガーが、1965年に遠征した際、地元メディアがピューマと誤解したのがきっかけで名づけられたと言われています。

このページについてのお問合せは

移行用

サブナビゲーションここから

ブログ

サブナビゲーションここまで