令和元年12月に自己所有の土地・家屋の売買契約をし、令和2年3月1日に買主への所有権移転登記を済ませました。令和2年度の固定資産税は誰に課税されることになりますか?

更新日:2020年3月17日

 令和2年度の固定資産税は、売主であるあなたに課税されることになります。
 固定資産税は毎年1月1日現在の所有者に対して課税されることになっており、仮に1月2日以降に所有権の移転が行われても、その年の納税義務者は変更されません。
 なお、売買契約などで固定資産税の負担の割合を按分(あんぶん)することがあるようですが、固定資産税は年税のため特に定められていません。契約の際に売主と買主の双方で、話合いをされることをお勧めします。

お問合せ

資産税課
電話:048-524-1111(代表)内線250、252
この担当課にメールを送る