住宅を壊して更地にしたところ、土地の税額が上がったのはなぜですか

更新日:2010年3月15日

住宅の敷地となっている土地については、その税負担を軽減するための特例措置があります。一般に専用住宅の場合は、200平方メートルまでの土地は評価額の6分の1、それを超える部分は3分の1となります。なお、200平方メートルを超える土地については、住宅の床面積の10倍までの制限があります。したがって、家を壊して更地になったため、住宅用地の特例措置の適用がなくなり、税額が上がったものです。

お問合せ

資産税課
電話:048-524-1111(代表)内線250、252
この担当課にメールを送る