救急

応急手当をしっかりおぼえましょう。

熱中症やケガなど生活のすぐ近くに隠れている、身近な危険に備えるために、しっかりと応急手当を身につけましょう