このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

グライダーの秘密【5】 グライダーの生産と寿命

更新日:2016年1月19日

美しいグライダーはどこで作られているのか?
グライダーの寿命はどのくらいあるのか?
これらの秘密をご紹介します。

グライダー生産国

グライダーの生産は日本では行っていません。現在、グライダーの生産機数及び保有機数ではドイツが世界シェア、ナンバーワンでドイツ国内だけで5,000機以上のグライダーを保有する「グライダー王国」といえます。
その他にもアメリカ、イギリス、フランス、ポーランド、チェコ、ユーゴスラビアなどで生産されています。
【写真・上】妻沼聖天山上空を飛行する「めぬま号」
【写真・下】優雅に旋回する「めぬま号」

グライダーの寿命

グライダーはエンジンを持たないため、構造は通常の飛行機より単純で、交換部品等も少なく、大事に使用すると10年以上も飛行できます。現に60年以上前のヴィンテージ・グライダーであるミニモアや、40年前の機体であるKa6CR(アレキサンダー・シュライハー式)も飛行しています。
【写真・上】ミニモア

このページについてのお問合せは

妻沼行政センター地域振興係
電話:048-588-1321 ファクス:048-588-5598

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る