このページの先頭です

五家宝

更新日:2022年3月10日

五家宝が「100年フード」に認定されました!

2022年3月3日、文化庁の地域に根付く食文化を「100年フード」と名付けてPRする新制度で、熊谷銘菓の「五家宝」が伝統の100年フード部門で認定されました。
100年フードは、江戸時代以前から伝わる「伝統」、明治・大正から続く「近代」、昭和以降に生まれ今後100年の継承を目指す「未来」の3部門があります。
全国で認定された131件のうち、「五家宝」は特筆した価値を有すると評価され、15件の「有識者特別賞」を受賞しました。

熊谷の代表的銘菓

香ばしいきなこの香り、どこか郷愁をそそる素朴な菓子として、草加煎餅せんべい、川越の芋菓とともに、熊谷の“五家宝”は埼玉三大銘菓の一つといわれています。
その起源は諸説あります。熊谷で“五嘉棒”の名で売り出されたのが文政年間(1818~29)でした。中山道の宿場町として栄え、市も開かれていた熊谷では、五家宝の原料となる「石原米」と称する良質の米がとれ、田畔あぜではきなことなる大豆が豊富に作られており、水飴の原料となる大麦も多く収穫され、生産に適していたようです。その後“五嘉宝”“五箇宝”の字があてられましたが、「五穀は家の宝である」という祈りを込めて現在の“五家宝”とつけられました。

五家宝の製法

もち米を一旦もちについてから薄くのばし、細かく砕いて煎り、あられ状にしたものをタネにします。五家宝の口ざわりに関わるのがタネならば、風味や外観を決定するのがきなこです。きなこの風味が五家宝の旨みを決定するといってもよいでしょう。タネをまとめて円筒状にし、より板(のし板)で長くのばしてから切ります。この工程は、飴の製法とも似ています。
五家宝は、今もなお昔から継承されてきた独特の手作り技法によって、熟練した職人の腕や勘に頼りながら、家内工業的に作られています。

健康的な自然食品として人気

日持ちも良いことから、産物として人気を呼び、全国にその名を知られるようになりました。伝統的な技法を守り、添加物が一切使われていない五家宝は、控えめな甘さで消化も良く、滋養に富む自然食品として、近年の健康ブームのなかで再び注目を集めています。
また、店先から黄粉の香ばしい香りが漂う風景は、彩の国さいたまを代表する生活に潤いや安らぎを与える香りが感じられる風景として「埼玉の音風景・かおり風景10選」に選定されています。

このページについてのお問合せは

スポーツ観光課
電話:048-524-1760、048-524-1473(直通) ファクス:048-525-9335

この担当課にメールを送る

本文ここまで