平成30年7月豪雨の被災地「岡山県倉敷市」に応援職員2名を派遣します

更新日:2018年7月17日

派遣概要

派遣期間:平成30年7月17日(火曜日)出発、7月21日(土曜日)帰庁
派遣職員:2名(総務部資産税課:小松原主事、金井主事)
派遣場所:岡山県倉敷市地内
派遣用務:罹災証明発行に係る住家被害認定事務

経緯

総務省(被災市区町村対応職員確保システム)により、埼玉県は岡山県倉敷市を支援先とすることが決定、県職員10名が派遣されています。さらに、倉敷市から県に「住家等の罹災証明の発行業務に習熟した職員」4名の派遣要請があったのを受け、本市では、県を通したこの派遣要請に対し、被災地と被災者の支援はもとより、本市防災力向上の観点から、熊谷市職員2名の応援派遣を行うこととしたものです。

お問合せ

危機管理課
電話:048-524-1111(代表)内線333
ファクス:048-525-9051
この担当課にメールを送る