平成29年度 熊谷市避難所開設・運営訓練(宿泊)を実施しました

更新日:2018年3月5日

避難所開設の流れや運営方法、また避難者が避難所で宿泊する場合の問題点等を検証するため、会場周辺の自主防災組織の協力のもと、10月21日から22日にかけて、スポーツ・文化村「くまぴあ」にて、宿泊形式の避難所開設・運営訓練を実施しました。

概要

実施日時

平成29年10月21日(土曜日)15時から翌22日(日曜日)9時まで

場所

熊谷市スポーツ・文化村「くまぴあ」柔剣道場等

参加者

市民(奈良・代・原島・柿沼地区の各自主防災会)16名、防災士等地域防災リーダー15名、熊谷市職員15名、くまぴあ指定管理者1名

協力

大塚製薬株式会社大宮支店1名(エコノミークラス症候群についての講演)、株式会社NTTドコモ3名(携帯電話無料充電器及びWi-Fiスポットの設営・実演)

災害想定

  1. 10月21日(土曜日)15時15分、埼玉県北部を震源域とする直下型地震が発生。(熊谷市の最大震度7、地震の規模はM8.1)
  2. 熊谷市内では、家屋の倒壊、道路の損壊等のほか、電気・ガス・水道・電話等、ライフライン施設に大きな被害が発生している。
  3. 上記の状況を踏まえ、市は避難所を開設し、避難者の受入を開始する。

訓練の様子

開会式
開会式(市長あいさつ)

シェイクアウト訓練
シェイクアウト訓練

施設・設備安全確認の報告
施設・設備安全確認の報告

避難者受付
避難者受付

約40人の避難者受け入れ
約40人の避難者受け入れ

避難所運営委員会での議論
避難所運営委員会での議論

情報班による書き出し
情報班による書き出し

防災士からのアドバイス
防災士からのアドバイス

間仕切りの設置説明
間仕切りの設置説明

40個の間仕切りを設置
40個の間仕切りを設置

発電機設置
発電機設置

投光器設置
投光器設置

更衣室テントの設置
更衣室テントの設置

仮設トイレ設置
仮設トイレ設置

仮設トイレ完成
仮設トイレ完成

支援物資到着、受け入れ
支援物資到着、受け入れ

支援物資の管理
支援物資の管理

給水車を使った給水訓練
給水車を使った給水訓練

夕食の準備
夕食の準備

夕食はアルファ米とカレーのセット
夕食はアルファ米とカレーのセット

大塚製薬による講演
大塚製薬による講演

NTTドコモによる講演
NTTドコモによる講演

携帯充電・Wi-Fiコーナー
携帯充電・Wi-Fiコーナー

簡易ベッドを膨らませる参加者
簡易ベッドを膨らませる参加者

夜9時消灯
夜9時消灯

朝食(パン・野菜ジュース)の配布
朝食(パン・野菜ジュース)の配布

全員で協力して撤収開始
全員で協力して撤収開始

閉会式を行い解散
閉会式を行い解散

一般参加者・職員アンケートの集計結果をまとめました

アンケートタイトル

アンケート

訓練の様子や詳細はこちらをご覧ください

熊谷市避難所開設・運営訓練(報告)

「避難所開設の流れ(例)」を作成しました

市で初めて実施した避難所開設・運営訓練の1つの成果として、「避難所開設の流れ(例)」を作成しました。

災害規模や被災状況等により対応は変化しますが、避難所開設から運営までの重要なポイントをまとめた一例として、いざという時(避難所開設時)の参考にしていただくため、これらの資料を第一避難所となる各小学校(体育館)に掲示します。

お問合せ

危機管理課
電話:048-524-1111(代表)内線333
ファクス:048-525-9051
この担当課にメールを送る