このページの先頭です

公園の遊具の修繕を行っています

更新日:2021年8月11日

危険と判断され使用禁止の措置を行った遊具のうち、修繕可能なものから随時、修繕を行っています。

(参考)公園遊具の一部使用禁止について

修繕例(1)滑り台

修繕前

  • 基礎コンクリートが露出しており、落下した際に、頭等を打つ可能性があります。
  • 継ぎ目に隙間があり指等を挟みこむ可能性があります。
  • 柵部に頭、胴体などを挟み込む可能性があります。

修繕後

  • 落下した際の衝撃を吸収するため、基礎コンクリートにゴムチップを施工しました。
  • 継ぎ目や柵部の隙間をふさぎ、挟み込みがないよう修繕しました。

修繕例(2)鉄棒

修繕前

鉄棒の基礎コンクリートが露出しており、落下した際に、頭等を打つ可能性があります。

修繕後

落下した際の衝撃を吸収するため、鉄棒の基礎コンクリートにゴムチップを施工しました。

修繕例(3)健康遊具

修繕前

健康遊具周辺がコンクリートのため、落下した際に、頭等を打つ可能性があります。

修繕後

落下した際の衝撃を吸収するため、健康遊具周辺に人工芝を施工しました。

このページについてのお問合せは

公園緑地課(大里庁舎)
電話:0493-39-4806(直通) ファクス:0493-39-5603

この担当課にメールを送る

本文ここまで