このページの先頭です

令和2年版 一目でわかる消防

更新日:2021年7月8日

「一目でわかる消防」は熊谷市消防本部の概要と令和2年中に発生した災害等の件数をわかりやすくまとめたものです。

一目でわかる消防ページの画像

一目でわかる消防は令和2年版の消防年報に掲載されています。
より詳しい消防の情報については下記のリンクから令和2年版の消防年報を御覧ください。

熊谷市消防本部の管轄面積:159.82平方キロメートル

熊谷市消防本部が管轄する面積は熊谷市全域で159.82平方キロメートルです。

熊谷市の人口:194,542人(令和3年4月1日現在)

熊谷市の令和3年4月1日現在の人口は、男性97,253人、女性97,289人、合計194,542人です。

熊谷市の世帯:87,758世帯(令和3年4月1日現在)

熊谷市の令和3年4月1日現在の世帯は、日本人世帯84,916世帯、外国人世帯1,998世帯、日本人外国人の混合世帯844世帯、合計87,758世帯です。

消防費の予算額:2,600,404千円(令和3年度)

消防費の令和3年度当初予算額は2,600,404千円です。

消防署所の数:消防本部1、消防署3、分署3

熊谷市消防本部は消防本部のほかに、熊谷消防署、中央消防署、妻沼消防署、玉井分署、江南分署、大里分署があります。

消防職員の数:定数247人、実数248人

熊谷市消防本部には248人の消防職員が勤務し、災害等に備え日夜、訓練を行っています。

消防車の数:消防ポンプ車11台

熊谷市消防本部が所有している、消防ポンプ車は11台あり、毎日丁寧に整備し出動に備えています。

救急車の数:7台

出動要請でもっとも多いものが、救急出動要請です。
熊谷市消防本部には7台の救急車があり、救急出動要請に迅速に対応しています。

特殊車両:はしご車2台、救助工作車2台、化学車1台、指揮車1台、支援車1台

特殊車両とは、はしご車や化学車といった特殊災害に出動する車両で、熊谷市消防本部には30メートル級のはしご車が2台、救助隊の資機材(道具)を積んだ救助工作車が2台、化学災害に対応するための化学車が1台のほか、消防隊等の指揮にあたる指揮車が1台、大規模災害で消防隊等の支援にあたる支援車が1台あります。

消防水利:消火栓3,942基、防火水槽1,399基、井戸1,590基、その他57基

消火活動にはたくさんの水利(水の確保)が必要となりますので、熊谷市全域に消火栓を3,942基、防火水槽1,399基、井戸1,590基、その他(プール等)を57基設置して消火活動体制を整えています。

火災件数(令和2年中):44件

令和2年中に発生した火災件数は44件で内訳は、建物火災34件、車両火災4件、その他火災が6件となっています。

出火原因(令和2年中):1位こんろ

令和2年中の出火原因の1位はこんろとなっています。

火災による死傷者(令和2年中):死者1人、負傷者8人

令和2年中に発生した火災による死傷者は、死者1人、負傷者8人となっています。

火災による損害額(令和2年中):71,230千円

令和2年中の損害額は総額で71,230千円で内訳は建物が38,140千円、車両が6,755千円、その他が26,335千円となっています。

救急(令和2年中):出動件数8,901件、搬送人員7,733人

令和2年中に出動した件数は8,901件で、搬送した人員は7,733人です。

救助(令和2年中):出動件数180件、救助人員64人

令和2年中に出動した件数は180件で、救助した人員は64人です。

災害通報受理件数(令和2年中):11,318件

令和2年中に災害通報を受理した件数は11,318件で内訳は、119番固定電話が6,199件、119番携帯電話が5,119件です。

防火対象物(令和3年4月1日現在)6,180棟

令和3年4月1日現在の防火対象物は6,180棟です。

危険物施設(令和3年4月1日現在)591施設

令和3年4月1日現在の危険物施設は591施設で内訳は、製造所が5施設、貯蔵所が365施設、取扱所が221施設です。

消防団(令和3年4月1日現在)分団数34分団、団員数472人

熊谷市消防団は34分団あり、472人の団員で構成され、災害に備えています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

消防総務課
電話:048‐501-0119(直通)

この担当課にメールを送る

本文ここまで