このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

熊谷花火大会の歴史

更新日:2021年3月12日

花火玉の写真

歴史が古く、規模は関東最大級
熊谷の花火大会は、昭和2年8月6日に、熊谷大火からの復興を記念して荒川河川敷で「全国花火大会」が開催されたことに始まり、その後、市制施行の翌年昭和9年8月18日に「熊谷煙火大会」が開催されたと記録されています。
戦時下の中断を経て、昭和23年9月11日に戦災からの立ち直りを願って「大熊谷復興煙火大会」が地元露天商組合の主催で開かれ、市役所・商工会議所が後援しました。これを第1回と数え、また途中から観光協会の主催に変更して開催され、現在に至っています。最初の頃は、荒川大橋西側で開催したこともあり、約1万発もの花火が打ち上げられ、関東でも最大級の花火大会でもあり、県内でも歴史のある花火大会として知られています。

昭和2年8月6日 「全国花火大会」が開催
昭和9年8月18日 「熊谷煙火大会」が開催
第1回(昭和23年)から 「大熊谷復興煙火大会」として開催
第40回(平成元年)から メッセージ花火
第45回(平成6年)まで 20号玉(2尺玉)打上げ(単発や仕掛、スターマインの中で)
第48回(平成9年)まで 仕掛花火
第58回(平成19年)から 有料観覧席販売
第58・59回(平成19・20年) 20号玉(2尺玉)打上げ復活(スターマインの中で)
第60回(平成21年)から ワイドスターマイン
第61回(平成22年)から 斜め打ち上げ
第71回(令和2年) 新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止
特別大会(令和3年) 「いまこそスクマム ステイホーム(だけど)花火大会」として無観客による開催

このページについてのお問合せは

スポーツ観光課
電話:048-524-1760、048-524-1473(直通) ファクス:048-525-9335

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る