漏水について

更新日:2019年7月9日

水道メーターから道路側の漏水

 道路から水道メーターまでの漏水を発見した場合は、水道課へご連絡ください。

連絡先

上下水道部水道課 維持管理係
電話 048-520-4135

宅内側の漏水

 水道メーターから先(家側)の漏水修理については、工事費がお客様の負担になりますので、直接指定給水装置工事事業者に連絡して修理を行ってください。費用負担の区分については異なる場合がありますので下記詳細を確認してください。

 修繕区分
 

漏水修繕費用負担区分について

水道課負担

  • 公道及び私道の給水装置の漏水修繕
  • 道路境界線から水道メーターまでの給水装置の漏水修繕
  • 集合住宅(メーター口径40ミリ以下)の場合は、道路境界線から第一止水栓までの給水装置の漏水修繕
  • 宅地内のコンクリート等の簡易なものの取り壊し及び復旧費用

使用者(お客様)負担

  • 水道メーター以降の給水装置の漏水修繕
  • 集合住宅(メーター口径40ミリ以下)の場合は、第一止水栓以降の給水装置の漏水修繕
  • メーター口径50ミリ以上の給水装置の道路境界線から敷地側の漏水修繕
  • 公共施設の給水装置の道路境界線から敷地側の漏水修繕
  • 漏水修繕の妨げとなる障害物等がある場合の撤去及び移設費用等
  • 特殊な石積・擁壁等の取り壊し費用及び化粧タイル・石張り等の復旧費用
  • 布設替えを要すると判断された給水装置の布設替え費用

前回にくらべて急に使用水量が増えたとき

 地下や床下など、見えない所で水が漏れていることがあります。
 そんなときは、次のように調べてみましょう。

  1. 家の中の蛇口を全部締めてください。
  2. パイロットマークをみてください。

 パイロットマークが回っていたら、どこかで水が漏れています。

パイロットマーク
 

 宅地内での漏水がひどい場合は、写真の量水器ボックス内の「丙止め」のレバーをたおし、「閉栓中」にすることにより、水を止めることができます。

量水器ボックス内
 

お問合せ

水道課
電話:048-520-4135(直通)
ファクス:048‐525‐9976
この担当課にメールを送る