このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

熊谷市母子家庭等高等職業訓練促進給付金制度

更新日:2016年4月1日

看護師や介護福祉士などの資格を取得するために、1年以上養成機関等で修業する場合に、修業期間の全期間に手当を支給します。(3年間を上限)

  • 住民税非課税世帯の方 月額100,000円
  • 上記以外の世帯の方(住民税課税世帯の方) 月額70,500円

平成25年度入学者から、父子家庭の父も対象となりました。

対象となる方

熊谷市に在住している母子家庭の母又は父子家庭の父であって、次のすべての条件を満たし、資格を取得するため現に修業中の方

  • 児童扶養手当を受給しているか又は同等の所得水準の方
  • 養成機関において1年以上のカリキュラムを修業し、資格取得が見込まれる方
  • 就業(又は育児)と修業の両立が困難と認められる方

※訓練促進費の支給は、同一の方には、一度限りです。
※養成機関への修業開始の手続き前に、取得しようとする資格や取得後の就業に関して事前にこども課へ相談する必要があります。

対象となる資格

  • 看護師
  • 介護福祉士
  • 保育士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • その他上記に準ずるもので市長が適当と認めた資格

申請に必要な書類

支給を受けようとする方は、事前相談後に受給資格の認定を受けなければなりません。

  • 高等職業訓練促進給付金支給対象者認定申請書(市役所こども課にあります。)
  • 申請者及び扶養している児童の戸籍謄本又は抄本
  • 申請者及び同居家族の個人番号カード(または、通知カード+顔写真付き身分証明書)
  • 児童扶養手当証書の写し(又は所得証明書)
  • 在学証明書(教育訓練施設の長が発行したもの)
  • 養成学校のパンフレット
    受給資格の認定申請は、養成機関で修業を開始した月に行ってください。
    なお、開始月の翌月以後も認定申請することはできますが、その場合、申請をした月以後の月分のみが支給対象となりますので、あらかじめご承知おきください。

訓練促進給付金の支給に必要な書類

認定後に、支給を受けるために毎月提出していただく書類です。

  • 高等職業訓練促進給付金支給申請書
  • 出席証明書(教育訓練施設の長が発行したもの)
    支給を受けようとする月の翌月10日までに申請してください。
    休学等により資格所得の見込みがなく、かつ、月の初日から末日までの間に養成機関への出席が一日もなかった場合には、支給されません。

資格喪失の届出

受給者が次のような事由で支給要件に該当しなくなったときは、14日以内に高等職業訓練促進給付金受給資格喪失届を提出しなければなりません。

  • 母子家庭の母又は父子家庭の父でなくなったとき
  • 熊谷市内に住所を有しなくなったとき
  • 修業を取りやめたとき(一時休止を含みます) など
    偽りその他不正の手段により訓練促進給付金の支給を受けた場合には、支給を受けた金額の全部又は一部を返還していただくことがあります。

母子家庭等高等職業訓練修了支援給付金

入学金の負担軽減を目的に、養成訓練の修了後に支給されます。支給額は、5万円(市民税非課税世帯の場合)又は2万5千円(市民税課税世帯の場合)です。

このページについてのお問合せは

こども課
電話:048-524-1452(直通)

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る