このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

◆現代

更新日:2007年6月1日

昭和8年4月1日には県下2番目の市制を施行し、熊谷市となりました。その後も周辺の村々と合併を繰り返し、昭和30年にほぼ旧熊谷市の市域となりました。同じく昭和30年には、妻沼町、大里村、江南村も誕生しました。
昭和の熊谷を語るときに、熊谷空襲は忘れてはならない事柄でしょう。太平洋戦争が終わる昭和20年8月15日の前夜、熊谷上空に飛来したB29爆撃機による空襲を受け、市役所、公会堂、裁判所など主な建物を失いました。この空襲で、市内を流れる星川に多くの市民が飛び込み、火災の熱のため多くの犠牲者を出しました。空襲により市街地の75%を焼失し、死者は266人という、埼玉県下で一番大きな被害を受けた熊谷市は、県下唯一の戦災都市に指定されました。

このように大きな被害を受けた熊谷市ですが、区画整理事業などによりまちづくりを行い、県北の中心都市として大きな復興を遂げました。昭和57年11月の上越新幹線の開通、昭和63年のさいたま博覧会の会場として、また平成16年の埼玉国体では、メイン会場として国体成功に多くの市民が力を発揮しました。そして平成の大合併をうけ、熊谷市は更なる発展を遂げようとしています。

このページについてのお問合せは

熊谷図書館
電話:048-525-4551(直通) ファクス:048-525-4552

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

熊谷の五つの歴史

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る