このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

ナガミヒナゲシについて

更新日:2018年3月2日

ナガミヒナゲシとは

秋に発芽し、ロゼット状態(図1左)で越冬した個体が春先に急に大きくなり、5月頃にオレンジ色の花を咲かせます。(図1右)
一つの実に平均1600粒の種子が内蔵されおり、一個体から100個の実をつけることもあるので、最大で一個体から15万粒の種子が生産されます。
その繁殖力と根と葉から周辺の植物の生育を強く阻害する成分を含んだ物質が生み出されることなどから「生体系に大きな影響を与えるのでは」と危惧されている植物です。
※特定外来生物には指定されておりません。

ナガミヒナゲシ画像

駆除の方法

自宅の庭等で生育している場合、種ができる前に抜き取り、ビニール袋等に密封して可燃ごみの日に出してください。
種ができている場合は、種が飛ばないよう十分注意してください。
蔓延を防ぐには、花が咲く前のロゼット状態(図1左)の時期に駆除することが重要です。


成熟した実 平均1600粒の種子が入っている。

※文・画像の引用について
農研機構 農業環境変動研究センター (旧:農業環境技術研究所)

このページについてのお問合せは

環境政策課環境政策係(江南庁舎)
電話:048-536-1547(直通) ファクス:048-536-2009

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る