熊谷市育英資金制度と熊谷市入学準備金制度について

更新日:2020年10月1日

熊谷市育英資金と熊谷市入学準備金は、高等学校や大学などに進学する希望があって、経済的な理由で就学が困難な人を対象に、貸与を行うものです。
詳しくは、教育委員会教育総務課へお問い合せください。

熊谷市育英資金

対象

6か月以上熊谷市に住んでいて、高等学校・高等専門学校・専修学校高等課程・大学(専門職大学、短期大学、専門職短期大学含む)・専修学校専門課程に在学または入学予定の人で、成績良好な生徒(学生)

貸与する額

高等学校・高等専門学校・専修学校高等課程は月額1万5千円以内
大学(専門職大学、短期大学、専門職短期大学含む)・専修学校専門課程は月額3万円以内

返還方法

貸与期間終了後6か月間据え置き、月額で貸与月額の半分以上を返済していただきます。

保証人(2人)

  1. 保護者
  2. 熊谷市に居住し、独立の生計を営む満20歳以上の方

(ただし、市内に居住する保証人がいない場合で、特に市長が認めた場合はこれに限りません)

申請の受付期間

令和3年2月1日(月曜日)から4月5日(月曜日)まで
※申請方法等詳しくは、下記PDFファイルをご覧ください。

熊谷市入学準備金

対象

高等学校・高等専門学校・専修学校高等課程・大学(専門職大学、短期大学、専門職短期大学含む)・専修学校専門課程に入学予定の人の保護者で、熊谷市に住民登録があり、引き続き市内に6か月以上居住する人で、市税を完納し、他に入学準備金に相当するものを借りていない人

貸与する額

高等学校・高等専門学校・専修学校高等課程は25万円以内
大学(専門職大学、短期大学、専門職短期大学含む)・専修学校専門課程は50万円以内

返還方法

貸付をした月の翌月から起算して6か月間据え置き、高等学校・高等専門学校・専修学校高等課程については30か月で、大学(専門職大学、短期大学、専門職短期大学含む)・専修学校専門課程については42か月で返済することになります。

保証人(1人)※以下の要件をすべて満たす方

  1. 熊谷市に住民登録があり、引き続き市内に6か月以上居住する人(ただし、市内に居住する保証人がいない場合で、特に市長が認めた場合はこれに限りません)
  2. 独立の生計を営み、満20歳以上の人
  3. 市税を完納している人
  4. 後見開始、保佐開始または補助開始の審判および破産手続開始の決定を受けていない人

申請の受付期間

令和2年12月1日(火曜日)から令和3年1月20日(水曜日)まで
※申請方法等詳しくは、下記PDFファイルをご覧ください。

埼玉県の修学支援制度(貸付制度や減免制度、給付金制度など)

埼玉県で行っている各種修学支援制度については、下記埼玉県のホームページからご覧ください。

高等学校等(国公立・私立、県内・県外いずれも対象)に通う人を対象とした貸付制度について

国公立高等学校に通う人を対象とした各種修学支援制度について

私立高等学校に通う人を対象とした各種修学支援制度について

母子家庭の人等を対象とした貸付制度について

お問合せ

教育総務課
電話:048-524-1111(内線382)
ファクス:048-525-9330