このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオワクチン)予防接種

更新日:2020年9月15日

2012年11月より、3種混合ワクチン(DPT)と不活化ポリオワクチン(IPV)を混合した、4種混合ワクチン(DPT-IPV)が定期接種に導入されました。

予防できる感染症

ジフテリアのどや鼻に感染し、発熱、嘔吐、のどの痛み、犬吠え様のせきなどの症状がでます。菌の毒素で神経麻痺や心臓の筋肉の炎症を合併して、重篤になる場合や亡くなる場合があります。

百日せき

風邪のような症状で始まり、咳が長く続くようになります。けいれんや肺炎を起こしたり、脳症などの重い合併症が致命的になることがあります。
破傷風破傷風菌が傷口から体内に入ることによって感染します。菌の毒素で全身の筋肉がけいれんし、最終的には後ろに大きく弓なりの姿勢になり、痛みと苦しさを伴います。神経麻痺、呼吸困難などを起こし、死亡率が高い病気です。
ポリオ(急性灰白髄炎)「小児まひ」とも呼ばれ四肢に麻痺を起こします。感染しておほとんどの場合は、発病しないか、発病しても多くは風邪症状ですが、まれに手足に麻痺を起こし、運動障害が残ります。

実施対象年齢

生後3か月から7歳6か月に至るまで

接種回数と接種間隔

標準的なスケジュールでは、20日から56日までの間隔をおいて3回接種、3回目完了後から12か月から18か月の間隔をおいて1回接種します。

4種混合予防接種の接種回数と間隔

ワクチンの接種について

接種については、 お子さんの予防接種の受け方(熊谷市ホームページ)をご覧ください。

このページについてのお問合せは

母子健康センター
電話:048-525-2722(直通) ファクス:048-526-1950

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る