糖尿病が心配な「アナタの未来」へ

更新日:2019年12月2日

糖尿病1000万人。(厚生労働省「平成28年国民健康・栄養調査」)

医師

厚生労働省が平成28年11月に実施した「国民健康・栄養調査」によると、糖尿病が強く疑われる「有病者」が前回調査時より50万人増え、推定1000万人に上りました。そのうち、23.4%は治療を受けていないという結果も出ました。
糖尿病は自覚症状がないことが多く、適切にコントロールされないと5年から10年後に深刻な合併症を引き起こすことになります。
それらの合併症を防ぐためには、早期発見・早期治療が重要です。

糖尿病の治療を放置した働き盛りの今

「患者が患者のために」という視点で作成されたパンフレットです。
「アナタの今」と重なることがあるかもしれません。
「アナタの未来」につなぐために、ぜひお読みください。

糖尿病の治療を放置した働き盛りの今表紙

お問合せ

熊谷保健センター
電話:048-526-5737(直通)
ファクス:048-526-5933
この担当課にメールを送る