このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

令和元年熊谷市内交通事故発生状況

更新日:2020年2月3日

令和元年熊谷市内の交通事故発生状況

昨年1年間に市内で発生した交通事故による死者数は、前年より2人少ない5人で、そのうち65歳以上の高齢者は3人でした。
人身事故件数は86件少ない730件、負傷者数は155人少ない871人、物件事故件数は39件少ない4,687件でした。

令和元年熊谷市内の交通事故発生状況
  人身事故 物件事故
件数 死者数

負傷者数

令和元年 730 5 871 4,687
平成30年 816 7 1,026 4,726
増減 86件減 2件減 155件減 39件減
増減率 10.5パーセント減 28.6パーセント減 15.1パーセント減 0.8パーセント減

令和元年市内の死亡事故発生状況

番号 地区 死者数 年齢層 事故形態 道路別 道路形態 備考
1 久保島 1 50代 自転車(単独) 市道 直線路 用水路に転落
2 本石 1 70代 普通乗用車と自転車 市道 交差点(信号機なし)  
3 新堀 1 80代 軽乗用車と歩行者 県道 直線路 道路上に横臥
4 万平町 1 50代 普通乗用車と歩行者 市道 交差点(信号機なし)  
5 中央 1 70代 普通乗用車と歩行者 市道 直線路 路外(私道)から右折し衝突

人身事故の事故原因

人身事故の原因として最も多いものは、わき見運転487件(約67パーセント)、次に一時不停止61(約8パーセント)、信号無視35(約4パーセント)でした。
車を運転する際のわき見運転は、大変危険です。スマートフォンを見ながらの運転も、絶対にしないでください。

死傷者の年齢層

事故の死傷者を年齢層別で見ると、最も多いのは40歳代177人(約20パーセント)、次に65歳以上158人(約18パーセント)、30歳代130人(15パーセント)でした。

死傷者の事故状態

死傷者の事故を状態別で見ると、最も多いのは自動車の事故600人(約68パーセント)、次に自転車の事故147人(約17パーセント)、歩行者の事故84人(約10パーセント)でした。

このページについてのお問合せは

安心安全課交通安全係
電話:048-524-1128(直通) ファクス:048-521-0520

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る