このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

保育施設の保育料はいくらですか?公立と私立で異なりますか?

更新日:2018年9月3日

回答します

 保育施設(認定こども園・保育所(園)・地域型保育施設)の保育料(利用者負担金)は、同一の生計を営む保護者及び祖父母の市民税額と、入所児童の年齢及び認定区分を「利用者負担金基準額(月額)表」に当てはめて、算出した金額を負担していただきます。ただし、保護者の前年分の収入が年間103万円以上の場合、保護者の税額のみで算出します。
 対象となる税額は、その年度の4月から8月は前年度の市民税課税額で、9月から翌年3月は当年度の市民税課税額です。
 入所児童の年齢は、各年度の初日の前日の年齢を基準にしています。
 公立、私立による保育料の違いはありません。
※保育料算定の基となる市民税額は、住宅借入金等(取得)特別控除、配当控除、寄付金税額控除等を控除する前の税額の合算額で計算します。
※詳細は「保育のしおり」をご覧ください。
【参考リンク】平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」が始まります

このページについてのお問合せは

保育課保育係
電話:048-524-1111(代表)内線431、570、538 ファクス:048-521-0520

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る