市役所のしごと

みなさんが豊(ゆた)かな環境(かんきょう)の中(なか)で誇(ほこ)りと希望(きぼう)をもっていきいきと生活(せいかつ)できる熊谷市(くまがやし)とするために、市役所(しやくしょ)ではみなさんが納(おさ)めてくれた税金(ぜいきん)を使(つか)って、みなさんの生活(せいかつ)に関係(かんけい)するサービスや手続(てつづ)きをはじめとするいろいろなしごとをしています。
市役所(しやくしょ)には、たくさんの部(ぶ)や課(か)などのそしきがあり、職員(しょくいん)がしごとをしています。
このような部(ぶ)などをまとめ、市役所(しやくしょ)が行(おこな)うしごとの内容(ないよう)を決(き)めたりする責任者(せきにんしゃ)が市長(しちょう)です。
市長(しちょう)は、みなさんから選挙(せんきょ)で選(えら)ばれた市(し)の代表者(だいひょうしゃ)で、熊谷市(くまがやし)をよりよいまちにするために、毎日(まいにち)しごとをしています。
その市長(しちょう)のしごとを助(たす)けるのが副市長(ふくしちょう)です。
副市長(ふくしちょう)は、市長(しちょう)がいないときに、市長(しちょう)に代(か)わってしごとをします。
また、市長(しちょう)からは独立(どくりつ)したそしきで、選挙管理委員会(せんきょかんりいいんかい)や教育委員会(きょういくいいんかい)などの行政委員会(ぎょうせいいいんかい)もあります。

熊谷市のそしきいちらん